徳島市で建築家とつくる高性能な注文住宅
カタログを請求する

カタログを
請求する

イベントの予約をする

イベントの
予約をする

家づくりの相談をする

家づくりの
相談をする

モデルハウス予約

モデルハウス予約

カタログを請求する

カタログを
請求する

イベントの予約をする

イベントの
予約をする

家づくりの相談をする

家づくりの
相談をする

モデルハウス予約

モデルハウス予約

高断熱・高気密の高性能住宅
重要な計画換気と長期優良住宅を上回る仕様

長期優良住宅(ZEH)の性能をゆうに超える高性能住宅
家づくりを考えたとき、家を建てるために必要なイニシャルコストは気にするものの、ランニングコストについては意識していない方が多くいらっしゃいます。家づくりにおけるランニングコストにはさまざまなものがありますが、代表的なものが冷暖房にかかるコストです。理想の注文住宅を建てたものの、夏は暑く冬は寒いため、冷暖房のための電気代が高くついてしまうという話は珍しくありません。
こうした問題を解消するのが、高気密・高断熱の家です。気密性・断熱性を高めることで、冷暖房の効率が上がって年間のコストが下がるほか、住まいの耐久性を高めて寿命を延ばすというメリットもあります。さらに、屋内の温度変化を減らすことで、ヒートショック現象などのリスクを抑え、家族の健康にもつながるのです。
R+house徳島北がご提供しているのは、「長期優良住宅(ZEH相当の水準)」をはるかに上回るほどの高気密・高断熱で家族を守る住まいです。

長期優良住宅を上回る仕様を標準としています

長期優良住宅とは?

長期優良住宅は、長期にわたり良好な状態で使用するための措置が講じられた優良な住宅です。
長期優良住宅の認定を受けることで、さまざまな税制面のメリットを受けることができます。

参考記事:長期優良住宅の認定を受けると得られるメリットは?徳島市で注文住宅を建築する際の補助金や減税制度を解説

長期優良住宅の基準をしのぐ高性能な住まい(快適な家)の3条件って?

快適な暮らしを実現するには、重要なポイントがいくつかあります。その中でも「断熱」「気密」「計画換気」すべてがそろってはじめて快適な家を実現することが可能です。
快適な家の3条件

UA値0.5以下の高断熱な住まいをご提供

「夏は涼しく、冬は暖かい。冷暖房費を抑えた快適な暮らし」の実現。さらに家じゅうの温度差がほぼなく、どこにいても快適な家が理想です。そのためにも室内の熱を逃がさない工夫= 高い断熱性能が必要です。
断熱レベルによる暖房費と体感温度の関係
R+house徳島北はR+houseオリジナルの「R+パネル」を用いて高断熱性・高耐久性を同時に実現させております。
R+パネル

採用しているフェノールフォーム断熱材の特徴は?

1. 高断熱性能

トップレベルの断熱性能
数値が小さいほど、断熱性能が高いことを示す熱伝導率。フェノールフォームはトップレベルの0.020W/(m・K)で圧倒的な断熱性能です。
同断熱性能の場合の厚さ比較

2. 長期断熱性能

25年平均熱伝導率0.020W/(m・K)
住宅・建物の高断熱化、長寿命化を促す社会背景にこたえるべく、フェノールフォームは、長期性能実験を実施しています。
経過期間(年)における平均熱伝導率の推定結果

3. 耐燃焼性能

フェノールだから燃えにくい
フェノール樹脂は熱硬化性で、熱に強く燃えにくい。炎を当てても炭化するだけで、燃え上がることはありません。
燃焼実験・壁防火構造認定30分試験

4. 環境性能

地球環境のことをしっかりと考えた断熱材
フェノールフォームは、発売当初より、ノンフロン発泡で生産。工場内や出荷後のリサイクルにも取り組んでいます。

断熱性能に不可欠なUA値とは?

住宅の断熱性能は「UA値」という指標で表されます。この数値が小さければ小さいほど、断熱効果の高い家づくりが実現できます。
徳島北店断熱性能
現在、徳島の断熱の基準はUA値0.87という数値ですが、R+house徳島北は未来基準の0.5以下という数値、高断熱な家であることがわかります。

【HEAT20とは】
2009年に発足した「2020年を見据えた住宅の高断熱化技術開発委員会」の略称です。冬の期間、住空間の体感温度を10~15℃以上に保つことや、冬期間の暖房負荷を削減して省エネルギーを目指す基準となっています。

気密測定を全棟実施

気密が高い住宅・低い住宅

低気密の家は危険、さまざまなリスク

・室内が冬寒く、夏暑い
・光熱費が高くなる
・十分な換気が行われない。その結果、家が傷みやすくなります

計画通りの換気を行うためには高い気密性能が必須。なので、R+house徳島北は全棟気密測定を実施しています。

気密測定

気密性をはかるC値って?

住宅の気密性能は「C値」という指標で表されます。C値は床面積1㎡あたりの隙間面積(㎠)で示され、数値がゼロに近いほど隙間の小さい「高気密」の家ということです。
徳島北店気密性能
日本の目標は5.0(㎠/㎡)ですが、R+house徳島北の標準は0.5(㎠/㎡)以下と、非常に高気密な住宅を提供します。

高気密高断熱のメリットを最大限に活かした計画換気

「快適な暮らし」を実現するためには、空気の流れる道筋を明確にし、必要な量の新鮮な空気を取り入れ、汚れた空気を排出する「計画換気」が有効です。

昔の家は断熱性能や気密性能が低いため冷暖房の効きが悪く、スキマ風が多いため自然に換気が行われていました。現在の家は断熱性能や気密性能が高くなったことで冷暖房の効きは良くなりましたが、スキマが少なく、自然に換気されることがなくなりました。

計画換気が出来ていないお家のリスク

・汚染物質や臭いなどが室内に残ってしまう
・新鮮な空気が室内に入りにくい
・室内が結露しやすくなる
換気ができていない部屋のイメージ

気密性能(密閉度)が高くなったことにより、建材や家具、家庭用品から出る化学物質が室内にこもりやすくなりました。それが原因でシックハウス症候群やアレルギーなどに悩む人が増えています。そのため、現在は24時間換気が可能な換気設備の設置が義務化されています。

第1種換気と第3種換気の違い

第1種換気と第三種換気

給気・排気ともに機械で制御する第1種換気

<メリット>

・熱回収、湿度調整(一部)が可能
・冷暖房費が安くなる

<デメリット>

・初期費用、メンテナンス費用が高い
・メンテナンスの頻度が多い
・気密性の低い住宅では、熱回収費用の元が取れない

給気は自然給気・排気は機械で制御する第3種換気

<メリット>

・初期費用、メンテナンス費用が安い
・運転音が静か
・メンテナンスが簡単で頻度が少ない

<デメリット>

・気密性の低い住宅では、計画的な換気にならない
・非ダクト式は換気量不足になりやすい

R+house徳島北では、標準はメンテナンス・コストなどの事を考え、第3種ダクト式24時間換気システム【ルフロ400(日本住環境)】を採用しております。
ルフロ400

1. 住まい手の負担

・メンテナンス→1回/年
・省エネ→電気代100円/月(※運用コストについて:120㎡の住宅を想定)

2. 換気システムに求められること

・臭いの排出
・VOCを排出
・湿気の排出(冬の結露・カビ・ダニ)

上記のことをふまえ、住まい手の負担を最小限に抑えた換気システムとして採用しております。

お客様のご要望に合わせて、第1種換気を使用することもございます。
詳しくは家づくりアドバイザーまでご確認ください。

家じゅうをくまなく換気することで、高断熱高気密住宅のメリットを最大限に活かすことができます。

#木造
#省エネ住宅
#注文住宅
#新築
#高気密
#高耐震
#高断熱
#高耐久
#長期優良
#ZEH
#HEAT20 G2
#24時間換気
#第1種換気
#第3種換気
#太陽光発電
#基礎断熱
#性能
#耐震

強みをご紹介
私たちの家づくりの強みをご紹介します。

高性能住宅でより充実した住宅計画に

補助金と資金計画で お得な家づくり

新築住宅において、住宅ローン減税や補助金等はいろいろな種類があります。各制度をうまく利用することでより充実した住宅計画にすることができる場合もあります。
また、FP診断を通して住宅ローン減税で13年間の間にいくら減税をうけることができるのか等の計算も簡単に行うことができます。
アフターサポート

安心のサポート

R+houseは建設中・建てた後のサポートも充実しています。
あなたの大切なおうちを守るため、R+houseは長期にわたってサポートを続けます!
HSS金物

高耐震な注文住宅

R+house徳島北は、許容応力度計算による耐震等級3を標準とするだけでなく、構造に使う金物や耐力面材にもこだわりを持っています。
なぜなら、南海トラフ地震の不安が払拭できない地域だからです。この不安が払拭できないまま、一生に一度の家づくりをしてはいけないと、私たちは考えています。
コストパフォーマンスの良い家づくり

コストパフォーマンス

R+houseは『新しい時代のオーダーメイドハウス』。一流の建築家が設計する住宅でありながら、仕入れ・時間・手間などを省く合理的な工夫を随所に取り入れ、経済コストも同時に追求した注文住宅です。
R+house建築家集合画像

建築家との家づくり

誰もが「いつか住んでみたい」と思うような理想の住宅を、手の届く価格で実現する。それがR+houseのコンセプトです。
そのような「理想をカタチにする家づくり」に欠かせないのが、建築家の存在。R+houseの建築家は、お客様それぞれのライフスタイルや価値観を表現した空間デザインをご提案し、将来の暮らしまで見据えた、生活にジャストフィットするマイホームをつくり上げます。
土地探しからトータルサポートできる家づくり

土地探し

不動産屋さんは土地のプロであって、建物のプロではありません。また、住宅会社やハウスメーカーによっては土地の案内ができず、自分たちが土地を決めてからでないと話が進められない場合があります。
それに対し私たちは住まいのプロとして、土地探しから住まいまでトータルのご提案をさせていただきます。

商品
私たちの商品をご紹介します。

おすすめの施工事例
注文住宅で建てる理想のマイホームをご紹介

お客様の声
いただいたお客様の声をご紹介します。

おすすめのイベント
私たちが開催する家づくりのイベントをご紹介します。

家づくりの流れ
私たちの家づくりの流れをご紹介します。

おすすめのコラム
家づくりの豆知識をお伝えします。

R+house徳島北(ブリーズハウジング)の家づくり写真
お金
2024.04.06

徳島市周辺エリアで注文住宅の予算を抑えたい!コストダウンできるコツをご紹介

R+house徳島北(ブリーズハウジング)の家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.03.25

木造住宅のシロアリ対策は重要!徳島県徳島市で家を建てるときの防蟻対策

R+house徳島北(ブリーズハウジング)の家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.03.18

安全に暮らせる構造設計を確認する3つの方法を比較!徳島市・板野郡北島町の災害リスクと併せて解説

R+house徳島北(ブリーズハウジング)の家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.03.18

徳島市での土地の購入から登記までの流れを解説!土地情報もチェック

R+house徳島北(ブリーズハウジング)の家づくり写真

お問い合わせ
些細なことでもお気軽にご相談ください

株式会社ブリーズハウジング/R+house徳島北
住所
徳島県徳島市北矢三町3丁目2-84
営業時間
10:00~18:00
休業日
水曜、木曜、お盆、年末年始