v
TOP

断熱・気密・計画換気で理想の住まいに

家の性能を数値で知る UA値・C値

家づくりの強み・こだわり

快適なお家は、住まう人の暮らしを豊かにします。R+houseは未来基準の断熱・気密・耐震性能の的確な数値を担保します。そのうえ、パッシブ設計を基本に家づくりをおこない、暑さ・寒さを家の中にいれません。
夏は涼しく、冬は暖かい、いつでも快適に過ごすことができるR+houseのお家です。

快適な家の3条件

快適な暮らしに必要な3条件

快適な暮らしは「断熱」「気密」「計画換気」すべてがそろってはじめて実現されます。

高断熱

「夏は涼しく、冬は暖かい。暖冷房費を抑えた快適な暮らし」の実現。さらに家じゅうの温度差がほぼなく、どこにいても快適な家が理想です。そのためにも室内の熱を逃がさない工夫= 高い断熱性能が必要です。
断熱レベルによる暖房費と体感温度の関係

住宅の断熱性能は「UA値」という指標で表されます。この数値が小さければ小さいほど、断熱効果の高い家づくりが実現できます。

徳島北店断熱性能

現在、徳島の断熱の基準はUA値0.87という数値ですが、R+house徳島北は未来基準の0.5以下という数値、高断熱な家であることがわかります。

高気密

気密が高い住宅・低い住宅

低気密の家だと、、

・室内が冬寒く、夏暑い
・光熱費が高くなる
・十分な換気が行われない。その結果、家が傷みやすくなります

計画通りの換気を行うためには高い気密性能が必須。なので、R+houseは全棟気密測定を実施しています。

気密測定

住宅の気密性能は「C値」という指標で表されます。C値は床面積1㎡あたりの隙間面積(㎠)で示され、数値がゼロに近いほど隙間の小さい「高気密」の家ということです。

徳島北店気密性能

日本の目標は5.0(㎠/㎡)ですが、R+house徳島北の標準は0.5(㎠/㎡)以下と、非常に高気密な住宅を提供します。


計画換気

「快適な暮らし」を実現するためには、空気の流れる道筋を明確にし、必要な量の新鮮な空気を取り入れ、汚れた空気を排出する「計画換気」が有効です。

計画換気が出来てない家だと、、、

・汚染物質や臭いなどが室内に残ってしまう
・新鮮な空気が室内に入りにくい
・室内が結露しやすくなる
換気ができていない部屋のイメージ

第1種換気と第3種換気の違い

第1種換気と第3種換気の違い

R+house徳島北では、標準はメンテナンス・コストなどの事を考え、第3種ダクト式24時間換気システム【ルフロ400(日本住環境)】を採用しております。お客様のご要望に合わせて、第1種換気を使用することもございます。
詳しくは家づくりアドバイザーまでご確認ください。

家じゅうをくまなく換気することで、結露やカビの原因となる湿気も排出します。高断熱高気密住宅のメリットを最大限に活かすことができるのです。

強み一覧へ戻る

日程が近いイベント

おすすめの事例

無料の"個別相談"をほぼ毎日開催
「お金はどれくらいかかるの?」「どんな土地を探せばいいの?」など、家づくりに関する気になることやお悩みは、まずは何でもお気軽にご相談ください!住宅のプロが丁寧にお応えいたします。

営業時間 営業時間:10:00~18:00/定休日:水・木曜日・お盆・年末年始