徳島市で建築家とつくる高性能な注文住宅
カタログを請求する

カタログを
請求する

イベントの予約をする

イベントの
予約をする

家づくりの相談をする

家づくりの
相談をする

モデルハウス予約

モデルハウス予約

カタログを請求する

カタログを
請求する

イベントの予約をする

イベントの
予約をする

家づくりの相談をする

家づくりの
相談をする

モデルハウス予約

モデルハウス予約

注文住宅の相場(価格)はいくら?徳島市周辺の相場や予算の立て方などを紹介

家づくりノウハウ
公開日:2024.04.23
最終更新日:2024.04.23
R+house徳島北(ブリーズハウジング)の家づくり写真
R+house徳島北(ブリーズハウジング)の家づくり写真
家づくりノウハウ
公開日:2024.04.23
最終更新日:2024.04.23

注文住宅の相場(価格)はいくら?徳島市周辺の相場や予算の立て方などを紹介

それぞれ異なる椅子がアクセントのダイニングキッチン
注文住宅を建てるとき「みんなはどのくらいの費用をかけているんだろう?」と疑問を持つ方は多いのではないでしょうか。人生で一番高い買い物ともいえるマイホーム。費用に関することは誰もが気になる点でしょう。今回は、注文住宅にかける費用の相場(価格)や予算の決め方、建築費別の住宅例などを解説します。徳島市周辺の費用相場も紹介するので、徳島市や板野郡北島町などで家づくりを検討している方は、参考にしてみてください。

目 次

注文住宅を建てるときの費用の内訳

住宅とお金の問題イメージ
注文住宅を建てるとき、主に建築費用に目が向いてしまう方が多いかもしれません。しかし、そのほかにも土地を用意するための費用や設計費、ライフラインの引き込みなどに費用がかかります。具体的に見てみましょう。

建築費

建築費には、基礎工事や外装工事、システムキッチンやシステムバスなどの設備費など家を建てるのに必要な費用が含まれます。建築費について注意しておきたいのが、支払いのタイミングです。

建築費用は、一般的に4回に分けて支払いを行い、そのうち3回は家が完成する前に支払います。住宅ローンの融資は、家が完成した後に実行されることがほとんどです。そのため、融資受け取り前に支払わなければならない費用を把握し、手持ち金で支払えるか、建て替え融資(つなぎ融資)が必要なのかよく検討しておく必要があります。

土地購入や土地整備にかかる費用

家を建てようと思ったときに、土地の準備がない場合は土地を購入しなければなりません。土地代は、地域により大きく差があります。すでに土地を持っている場合にも、土地改良に費用が発生するケースがあるため注意しましょう。
土地改良では、地盤が緩んでいるときに地盤を強くしたり、平らでない土地をならしたりする場合に費用が発生します。土地の状態により工事内容が異なり、多い場合は数百万円かかるケースもあります。

>>注文住宅の土地購入で成功するコツは?徳島市周辺のおすすめエリアも紹介

諸費用

家を建てるときは、建築費と土地代のほかにも費用が発生します。代表的なものが設計料やガス・上下水道の引き込み工事費、不動産取得税、建物の所有権保存登記費用などです。諸費用の目安は、注文住宅を建てる費用の10~15%といわれているため、意外に負担になるポイントです。

注文住宅を建てるときに必要な費用の相場

家の模型
住宅金融支援機構が2022年度に行った「フラット35利用者調査」を参考に、注文住宅を建てる際の相場(価格)を見てみましょう。

土地をすでに持っている場合の建築相場



全国平均



徳島県の平均



建築費用



約3,715万円



約3,093万円



住宅面積の平均



約37坪



約34.5坪



坪単価



約100万円



約90万円


土地をこれから購入する場合の建築相場



全国平均



徳島県の平均



建築費用



約3,195万円



約2,883万円



住宅面積の平均



約33.7坪



約33.5坪



坪単価



約95万円



約86万円


参考元:住宅金融支援機構|フラット35利用者調査 2022年度集計表 注文住宅(Excelファイル)
参考元:住宅金融支援機構|フラット35利用者調査 2022年度集計表 土地付注文住宅(Excelファイル)

土地をこれから購入する場合、土地にも費用がかかる分、建物部分の建築費用が下がる結果になったと考えられます。

建てられる家の特徴を費用別に紹介

金額の推移について検討する男性
ここでは、予算別に建てられる家の特徴を簡単に紹介します。R+houseで建てられる住宅も紹介するので、参考にしてください。

予算2,500~3,000万円で建てられる住宅例

建物本体の予算が2,500~3,000万円程度あると、4人家族で暮らすには充分の3LDK程度の2階建て木造住宅が建てられるでしょう。家の広さは、地域によりますが延床面積が34~44坪程度が可能です。

R+houseなら、耐震性が高く、高断熱・高気密の住宅づくりができます。すべてを取り入れることは難しいですが、オープンキッチンやウォークインクローゼットなどの希望の設備も取り入れられます。希望が多い場合は、優先順位を建て、予算にメリハリをつけると良いでしょう。

予算3,000~3,500万円で建てられる住宅例

建物本体の予算が3,000~3,500万円程度あると、よりグレードの高い住宅が建てられます。すべて思い通りの設備を取り入れることはできませんが、キッチン設備のグレードアップなどができる場合もあります。

R+houseなら、高断熱・高気密性能を発揮する樹脂サッシ窓や断熱・防湿・施工に優れた独自のR+パネルを取り入れられ、夏は涼しく冬は暖かい快適な家づくりが可能です。また2世帯住宅を建てることもできます。

予算はどのようにして決める?

家とお金について考える年配の男性のイメージイラスト素材
注文住宅の相場を見てきましたが、相場通りの家をつくらなければならないわけではありません。予算を立てるときは、相場を参考に、自分たちが建てたいと思う家のイメージと、無理なく支払える金額を考慮することが大切です。予算の立て方を見る前に予算が大事な理由も確認しておきましょう。

予算を立てるのが大事な理由

家づくりにおいて予算を建てる理由のひとつは、資金不足を防ぐためです。想定していたよりも予算が足りない場合、住宅ローンの借入金額を増やしたり、将来のために手元に残しておく予定だった預貯金を削ったりする必要が生じてしまいます。そうすると、住宅ローンの月々の返済額が大きくなり、日々の生活が苦しくなる可能性も。

また、予算をしっかりと立てずに費用を切り詰めすぎてしまうと、せっかく建てた家に満足できず、後悔してしまう場合もあります。一度家を建てたら簡単には建て直すことができないため、しっかりと予算を組んで家づくりをしましょう。

>>徳島市での一戸建ての維持費はどのくらい?注文住宅に住んだ場合の光熱費や税金などを徹底解説

予算を立てるときのコツは?

予算を立てるときには「自己資金をどのくらい用意できるか」「月々のローンの返済はどのくらいまで払えるか」「土地代と建築費用のバランス」の3つを考えましょう。

自己資産

自己資金は、住宅ローンの頭金や住宅ローン実行前に必要な費用などに充てます。手元にある貯金などから将来的に手元に残しておきたい費用を差し引いて、自己資金をどのくらい用意できるか検討しましょう。

住宅ローンの毎月の返済額

無理なく返せる住宅ローンの返済額は、一般的に年収の25%以内が理想といわれています。例として2022年度に徳島県でフラット35を利用した人の平均年収は約560万円でした。
年収560万円の場合の理想的な年間返済額は、約140万円となります。すると月々の返済額は約117,000円。徳島県における手持ち金の平均は約400万円、土地取得費の平均は約750万円であるため、それを考慮しシミュレーションツールで計算すると、借入額は3,620万円となります(毎月返済額11.7万円、借入期間35年、全期間固定金利1.84%、頭金400万円、土地代750万円で計算)。

ただし、住宅ローンの総返済額は、利息が生じるため借入可能額よりも大きくなります。そのため、総返済額をしっかりと考慮して借入可能額を検討しましょう。

参考元:住宅金融支援機構|フラット35利用者調査 2022年度集計表 土地付注文住宅(Excelファイル)
参考元:住宅金融支援機構|フラット35|金利情報

>>徳島市の住宅予算に必須な住宅ローン!選び方・注意点・金利をチェック

土地代とのバランス

注文住宅の建築予算を考えるときには、土地代とのバランスも大事です。土地購入にお金をかけすぎてしまい、思うような家を建てられなかったというケースは少なくありません。予算を立てる際に、土地購入と建築にそれぞれどのくらいの費用をかけるか考えておきましょう。2つのバランスは、おおよそ土地代を30~40%、建築費を60~70%で考えるのがおすすめです。

参考元:住宅金融支援機構|フラット35利用者調査 2022年度集計表 土地付注文住宅(Excelファイル)

注文住宅の予算を立てるときに考えておきたいポイント

英字ポイント文字
注文住宅の予算を立てるときには、以下のポイントもしっかりと考えておきましょう。

土地の費用

同じ広さの土地でも、エリアによって費用が大きく変動します。注文住宅を建てるときに、土地購入も同時に行う場合は、どのエリアに土地を購入するのかよく検討しましょう。

2023年に国土交通省が公表している地価公示を参考にしてみると、徳島市では徳島駅周辺や助任川周辺エリアの坪単価が高く、約41~46万円になっています。国府町や松茂町、北島町、藍住町は坪単価15万円前後、名西郡石井町は坪単価が約11万円でした。
土地を購入するときは、学区や売り出されている土地の広さなど、さまざまな要素と予算から土地を選択しましょう。

参考元:国土交通省|標準地の単位面積当たりの価格等[2]都道府県別版 36 徳島県

>>徳島市の住みやすさは?主要地域へのアクセスや注文住宅を建てるおすすめエリア5選

ハウスメーカーや工務店などの価格帯

同じ間取りでも、ハウスメーカーが違うと費用が変わります。一般的には、工務店の方が大手ハウスメーカーよりも費用が安い傾向があります。付帯工事にかかる費用や諸費用などは、会社により異なるのであらかじめ確認しておきましょう。価格は、耐久性や耐震性など住宅性能にもかかわります。そのため、価格と性能はバランスを見て検討しましょう。

取り入れたい設備やオプション

設備やオプションは、何をどのくらい取り入れえるかにより価格に大きく影響を与えます。どんな設備が必要かは、ライフスタイルや家族構成により異なります。優先順位を立て予算に合わせて選択することが大切です。

徳島市周辺における家づくりは株式会社ブリーズハウジングへご相談ください

シンボルツリーがある白くて明るい家
株式会社ブリーズハウジングは、徳島市周辺エリアで家づくりのお手伝いをしている工務店です。
私たちの強みのひとつが、建築家が設計する住宅を手が届く価格で提供している点です。お客様の要望や条件を読み解いてプランニングできる設計士が揃っているため、打ち合わせ回数は3回に設定。また、家づくりの際に誰もが悩む、資金計画や住宅ローンなどについても、メンテナンス費用やランニングコスト、今後の生活に必要な教育費や生活費などを考慮して提案させていただきます。徳島市周辺で注文住宅をお考えの場合は、ぜひお気軽にご相談ください。
#徳島県徳島市#注文住宅 #新築 #R+house #建物価格2,500万円〜3,499万円 #住宅ローン #坪単価 #建築相場

おすすめのコラム
家づくりの豆知識をお伝えします。

R+house徳島北(ブリーズハウジング)の家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.05.29

注文住宅における平屋の魅力とは?徳島県徳島市周辺の坪単価も調査

R+house徳島北(ブリーズハウジング)の家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.05.29

徳島県徳島市の住みやすさは?主要地域へのアクセスや注文住宅を建てるおすすめエリア5選

R+house徳島北(ブリーズハウジング)の家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.05.24

徳島市で注文住宅を建てるなら価格相場はいくら?家づくりの予算を考えよう

R+house徳島北(ブリーズハウジング)の家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.05.17

注文住宅における間取り設計の注意点とは?徳島市で住みやすい家づくりのポイントも解説

前へ
徳島市周辺エリアで注文住宅の予算を抑えたい!コストダウンできるコツをご紹介
注文住宅における間取り設計の注意点とは?徳島市で住みやすい家づくりのポイントも解説
次へ
徳島市周辺エリアで注文住宅の予算を抑えたい!コストダウンできるコツをご紹介
注文住宅における間取り設計の注意点とは?徳島市で住みやすい家づくりのポイントも解説

おすすめの施工事例
注文住宅で建てる理想のマイホームをご紹介

お客様の声
いただいたお客様の声をご紹介します。

強みをご紹介
私たちの家づくりの強みをご紹介します。

高性能住宅でより充実した住宅計画に

補助金と資金計画で お得な家づくり

新築住宅において、住宅ローン減税や補助金等はいろいろな種類があります。各制度をうまく利用することでより充実した住宅計画にすることができる場合もあります。
また、FP診断を通して住宅ローン減税で13年間の間にいくら減税をうけることができるのか等の計算も簡単に行うことができます。
長期優良住宅(ZEH)の性能をゆうに超える高性能住宅

高断熱・高気密の高性能住宅

家づくりを考えたとき、家を建てるために必要なイニシャルコストは気にするものの、ランニングコストについては意識していない方が多くいらっしゃいます。家づくりにおけるランニングコストにはさまざまなものがありますが、代表的なものが冷暖房にかかるコストです。理想の注文住宅を建てたものの、夏は暑く冬は寒いため、冷暖房のための電気代が高くついてしまうという話は珍しくありません。
こうした問題を解消するのが、高気密・高断熱の家です。気密性・断熱性を高めることで、冷暖房の効率が上がって年間のコストが下がるほか、住まいの耐久性を高めて寿命を延ばすというメリットもあります。さらに、屋内の温度変化を減らすことで、ヒートショック現象などのリスクを抑え、家族の健康にもつながるのです。
R+house徳島北がご提供しているのは、「長期優良住宅(ZEH相当の水準)」をはるかに上回るほどの高気密・高断熱で家族を守る住まいです。
アフターサポート

安心のサポート

R+houseは建設中・建てた後のサポートも充実しています。
あなたの大切なおうちを守るため、R+houseは長期にわたってサポートを続けます!

商品
私たちの商品をご紹介します。

おすすめのイベント
私たちが開催する家づくりのイベントをご紹介します。

R+house徳島北(ブリーズハウジング)の家づくり写真
Instagramで投稿している写真をご紹介します。

R+house徳島北(ブリーズハウジング)の家づくり写真

お問い合わせ
些細なことでもお気軽にご相談ください

株式会社ブリーズハウジング/R+house徳島北
住所
徳島県徳島市北矢三町3丁目2-84
営業時間
10:00~18:00
休業日
水曜、木曜、お盆、年末年始