徳島市で建築家とつくる高性能な注文住宅
カタログを請求する

カタログを
請求する

イベントの予約をする

イベントの
予約をする

家づくりの相談をする

家づくりの
相談をする

モデルハウス予約

モデルハウス予約

カタログを請求する

カタログを
請求する

イベントの予約をする

イベントの
予約をする

家づくりの相談をする

家づくりの
相談をする

モデルハウス予約

モデルハウス予約

注文住宅に必要な耐震性能とは?耐震等級や徳島県徳島市・板野郡北島町の災害リスクを解説

家づくりノウハウ
公開日:2023.09.02
最終更新日:2024.01.22
R+house徳島北(ブリーズハウジング)の家づくり写真
R+house徳島北(ブリーズハウジング)の家づくり写真
家づくりノウハウ
公開日:2023.09.02
最終更新日:2024.01.22

注文住宅に必要な耐震性能とは?耐震等級や徳島県徳島市・板野郡北島町の災害リスクを解説

地震
この記事では、地震に強い注文住宅を検討するために知っておきたい耐震性能のメリットやデメリット、耐震等級などをまとめてご紹介します。後半では徳島県徳島市・板野郡北島町の災害リスクについてもまとめています。長い間安心して暮らせる住まいを実現するためにも、ぜひお役立てください。

目 次

地震に強い家の特徴

アーチ壁やアンティークライトが調和したダイニングキッチン
日本は世界の中でも地震の発生率が高い国なので、安全に暮らすには地震への備えが欠かせません。地震に強い家には、下記のような特徴があります。

・家の形が長方形や正方形で構造的に安定している
・平屋など建物の高さが低い
・地盤が強固で地盤沈下や液状化のリスクが少ない
・「耐震」「免震」「制震」いずれかの対策を行っている
・耐震等級が高い

地震に強い家は地盤と建物の構造が安定しており、地震の揺れに対する対策ができている家のことです。構造を安定させるためには形状や高さ、そして「耐震」「免震」「制震」などの地震対策が必要です。

耐震・免震・制震とは

耐震建築・制震建築・免震建築
地震対策をするときには「耐震」「免震」「制震」の3つの構造があります。ここでは、それぞれの構造の特徴を簡単にご紹介します。

耐震

耐震とは、建物の強度を高めて地震の揺れに耐える構造です。壁に筋交いを入れる、使用する建材を強化するなどの方法で、建物自体の強度を高めます。他の構造よりもコストが低く、検討しやすい点がメリットです。

免震

免震とは、建物と地盤の間に免震装置を設置する構造です。地盤と建物を構造的に縁を切っているため、地震が起きてもダイレクトに揺れが伝わらないところがメリットです。

一方で、免震構造を実現するには建物廻りの敷地に土地にゆとりが必要なので、設置できる土地は制限されます。また、他の構造よりも導入コストやメンテナンスコストがかかる、地下室を作れないなどのデメリットもあります。

制震

制震とは、建物内に地震の揺れを吸収する装置を設置する構造です。重りやダンパーなどの制震装置が揺れを抑制するため、揺れそのものを抑えられます。繰り返しの揺れにも強く、地震後の損傷が少ない点がメリットです。

一方で、耐震と比較するとコストがかかります。また、建物内の適切な位置に制震装置が設置できないと、十分な効果が発揮できないケースがあります。

耐震構造のメリット

メリットとチョークで書かれた黒板
ここからは、戸建て住宅で主流となっている耐震構造に的を絞り見ていきましょう。

設置にかかる費用が安い

地震に備えた対策はしたいけれど、追加料金がかかると検討しにくいものです。耐震構造は追加料金なしで設置できるメーカーや工務店が多く、費用負担を抑えながら地震対策ができます。

自由度の高い設計ができる

免震構造は免震装置が設置できる土地に制限があるだけでなく、間取りが制限されることがあります。その点、耐震構造は制限が少なく、間取りの自由度も上がります。

強風や台風の揺れにも対応できる

耐震構造は、水平方向の揺れに強い構造となっています。また、建物自体を強化しているため、強風や台風の揺れにも強く、地震以外の災害対策にも役立ちます。

耐震構造のデメリット

デメリットとチョークで書かれた黒板
耐震構造のメリットが理解できたところで、気になるのはデメリットです。免振構造や制振構造に比べて耐震構造は繰り返しの揺れに弱く、強い揺れが続く場合は建材がダメージを受ける可能性があります。

また、地震の揺れそのものを抑える構造ではないため、階数が高くなると上の階では揺れを感じやすい傾向があります。揺れが起きた場合には家具が転倒する、住人が転んでケガをするなどの二次被害が起こることも考えられます。

耐震等級とは

スタイリッシュな黒の階段と木目のLDK
耐震等級とは、2000年に施行された「住宅の品質確保の促進等に関する法律(品確法)」で定められた耐震性の評価基準です。耐震性能は下記の等級1から等級3に分かれており、耐震等級が大きいほど、高い耐震性能を兼ね備えていることになります。

耐震等級1

・100年に1度の地震(震度6~7程度)で倒壊や崩壊をしない
・数十年に1度(震度5程度)に対して住宅が損傷しない程度
・建築基準法で最低限満たすべき基準とされている

耐震等級2

・耐震等級1で想定している1.25倍の地震に耐えうる強度がある
・災害時に避難施設となる病院や学校の基準
・長期優良住宅に認定するには耐震等級2以上が必要

耐震等級3

・耐震等級1で想定している1.5倍の地震に耐えうる強度がある
・災害時の拠点となる消防署や警察署などの基準

耐震性能が低いと大きな地震が起きたときに建物の倒壊や半壊を招き、住民がケガをするリスクが高まります。また、地震発生後に住宅に住み続けることが難しくなり、修繕費用や引っ越し費用がかさむことも考えられます。

そこで、耐震性能に目安を設けて一定の性能値を兼ね備えているのかをチェックする基準を耐震等級といいます。「株式会社ブリーズハウジング」では耐震等級3を標準仕様としており、高い耐震性能を兼ね備えた安心して暮らせる住宅を提供しています。

参考元:一般社団法人住宅性能評価・表示協会『地震などに対する強さ(構造の安定)』

地震に強い家に必要な構造設計

建築家の図面作成の様子
地震に強い家を実現するためには、耐震性能以外にも下記のような計算や設計を実施します。

許容応力度計算

固定荷重や積載荷重などの長期荷重、地震力や風圧力などの短期荷重などを想定して応力を算出する。それぞれの部材がどの程度の応力に耐えられるのか比較検討する

住宅性能表示制度の基準に沿った計算

性能の表示項目10のうち「構造の安定」の基準を満たすように設計する。壁量計算よりは詳細で、許容応力度設計よりは簡易的な設計

壁量計算

建物にかかる水平力に対して必要な耐力壁の量を満たしているかどうか調べる手法。地震力には床面積に応じて、風圧力には見付面積に応じて必要な壁量が決まる

「株式会社ブリーズハウジング」では、構造専門の建築士による許容応力度計算を全棟実施しています。さまざまな角度から解析を行い、安心して暮らせる住まいを実現しています。

参考元:国土交通省住宅局住宅生産課『新築住宅の住宅性能表示制度ガイド』

徳島県徳島市・板野郡北島町の災害リスク

徳島県板野町あせび公園展望台から徳島市街を望む
徳島市は、徳島県東部に位置する中核的都市です。板野郡北島町は徳島市に隣接する地域で、徳島市まで約8kmと都心部へのアクセスが良好です。徳島市の年間平均気温は16.6度と暖かく、日照量が多い傾向があります。

一方で、徳島県の南部は多雨地域となっており、台風や豪雨が多いです。その影響を受けて、水害や土砂災害などの災害が起こることがあります。近年では2004年の台風が大きな被害を残しています。徳島県内は「水都」として栄えた歴史があり河川が多いので、水害時に備えて予めハザードマップを確認しておくことが大切です。

徳島県徳島市・板野郡北島町での住まいづくりは「株式会社ブリーズハウジング」にお任せください

木目のアクセント外壁が特徴的なモノトーンのスタイリッシュな外観
株式会社ブリーズハウジングでは、安心して暮らせるデザインと性能のバランスが取れた注文住宅を提供しています。耐震等級3を標準とするだけでなく、構造に使う金物や耐力面材にもこだわり地震に強い家を実現しています。

株式会社ブリーズハウジングでは随時相談会やイベントを実施していますので、お気軽にお問い合わせください。

参考元:徳島市『徳島市の概要』
参考元:北島町『北島町の位置・地勢・面積』
参考元:徳島市にぎわい交流課『Fun!Fun!とくしま』
参考元:徳島地方気象台『徳島県の天気の特徴』

>>地震懸念の強い徳島市でも安心の高耐震な注文住宅なら、株式会社ブリーズハウジング
#徳島県徳島市 #徳島県板野郡北島町#平屋 #注文住宅 #新築 #免震 #制震 #家づくりの基礎知識 #間取り #設計 #性能 #耐震 #災害 #地盤が強い #液状化に強い #地盤対策

おすすめのコラム
家づくりの豆知識をお伝えします。

R+house徳島北(ブリーズハウジング)の家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.05.29

注文住宅における平屋の魅力とは?徳島県徳島市周辺の坪単価も調査

R+house徳島北(ブリーズハウジング)の家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.01.22

平屋の間取りのコツとは?徳島市で平屋の注文住宅を建てるべきおすすめエリアも紹介

R+house徳島北(ブリーズハウジング)の家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.01.22

モデルハウス見学の見どころと注意点は?徳島市・板野郡北島町周辺のエリア情報も

R+house徳島北(ブリーズハウジング)の家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.04.22

板野郡北島町の土地価格相場・今後の推移は?希望の住宅にあった土地の選び方

前へ
注文住宅の気密と室温の関係とは?気密性が重要な理由、高めるポイントを解説
注文住宅に必要な耐震等級とは?耐震等級が高い場合のメリットと耐震等級の決め方を紹介
次へ
注文住宅の気密と室温の関係とは?気密性が重要な理由、高めるポイントを解説
注文住宅に必要な耐震等級とは?耐震等級が高い場合のメリットと耐震等級の決め方を紹介

おすすめの施工事例
注文住宅で建てる理想のマイホームをご紹介

お客様の声
いただいたお客様の声をご紹介します。

強みをご紹介
私たちの家づくりの強みをご紹介します。

高性能住宅でより充実した住宅計画に

補助金と資金計画で お得な家づくり

新築住宅において、住宅ローン減税や補助金等はいろいろな種類があります。各制度をうまく利用することでより充実した住宅計画にすることができる場合もあります。
また、FP診断を通して住宅ローン減税で13年間の間にいくら減税をうけることができるのか等の計算も簡単に行うことができます。
長期優良住宅(ZEH)の性能をゆうに超える高性能住宅

高断熱・高気密の高性能住宅

家づくりを考えたとき、家を建てるために必要なイニシャルコストは気にするものの、ランニングコストについては意識していない方が多くいらっしゃいます。家づくりにおけるランニングコストにはさまざまなものがありますが、代表的なものが冷暖房にかかるコストです。理想の注文住宅を建てたものの、夏は暑く冬は寒いため、冷暖房のための電気代が高くついてしまうという話は珍しくありません。
こうした問題を解消するのが、高気密・高断熱の家です。気密性・断熱性を高めることで、冷暖房の効率が上がって年間のコストが下がるほか、住まいの耐久性を高めて寿命を延ばすというメリットもあります。さらに、屋内の温度変化を減らすことで、ヒートショック現象などのリスクを抑え、家族の健康にもつながるのです。
R+house徳島北がご提供しているのは、「長期優良住宅(ZEH相当の水準)」をはるかに上回るほどの高気密・高断熱で家族を守る住まいです。
アフターサポート

安心のサポート

R+houseは建設中・建てた後のサポートも充実しています。
あなたの大切なおうちを守るため、R+houseは長期にわたってサポートを続けます!

商品
私たちの商品をご紹介します。

おすすめのモデルハウス
私たちのモデルハウスをご紹介します。

R+house徳島北松茂町平屋モデルハウス見学ご予約受付中
徳島県松茂町平屋モデルハウス 随時見学ご予約受付中!【予約制】
徳島県板野郡松茂町中喜来字宮前三番越5-17
088-660-7022

おすすめのイベント
私たちが開催する家づくりのイベントをご紹介します。

R+house徳島北(ブリーズハウジング)の家づくり写真
Instagramで投稿している写真をご紹介します。

R+house徳島北(ブリーズハウジング)の家づくり写真

お問い合わせ
些細なことでもお気軽にご相談ください

株式会社ブリーズハウジング/R+house徳島北
住所
徳島県徳島市北矢三町3丁目2-84
営業時間
10:00~18:00
休業日
水曜、木曜、お盆、年末年始