徳島市で建築家とつくる高性能な注文住宅
カタログを請求する

カタログを
請求する

イベントの予約をする

イベントの
予約をする

家づくりの相談をする

家づくりの
相談をする

モデルハウス予約

モデルハウス予約

カタログを請求する

カタログを
請求する

イベントの予約をする

イベントの
予約をする

家づくりの相談をする

家づくりの
相談をする

モデルハウス予約

モデルハウス予約

注文住宅の気密と室温の関係とは?気密性が重要な理由、高めるポイントを解説

家づくりノウハウ
公開日:2023.08.03
最終更新日:2024.01.22
R+house徳島北(ブリーズハウジング)の家づくり写真
R+house徳島北(ブリーズハウジング)の家づくり写真
家づくりノウハウ
公開日:2023.08.03
最終更新日:2024.01.22

注文住宅の気密と室温の関係とは?気密性が重要な理由、高めるポイントを解説

落ち着いたダウンライトのリビングと階段
ここでは、気密性と光熱費の関係性や、気密性が必要な理由などをまとめてご紹介します。後半では、徳島県徳島市や板野郡北島町の気候、ZEH地域区分にも触れています。

気密性は長く住める住宅を検討するために、大切なポイントです。理想のマイホームを実現するためにも、ぜひ参考にしてください。

目 次

住宅の気密性とは

考えごとをする夫婦
住宅の気密性とは建物内の隙間をできる限り減らし、外気と室内の空気を分断する性能のことです。気密性が高いと室内の空気が逃げにくいため、冷暖房を使い調整した室温を維持しやすくなります。

一方で、気密性が低いと屋根や壁、窓などの隙間から外気が入り込み、せっかく冷暖房をつけても、冬は寒く夏は熱くなりやすい状態となり、快適な住環境から遠ざかってしまいます。

気密性を示すC値とは

住宅の疑問
C値とは、住宅の隙間の総量を数値化したものです。C値は「住宅全体の隙間の面積÷延べ床面積」で算出でき、C値が小さければ小さいほど隙間が少なく気密性の高い家だと言えます。

現在、日本ではC値の基準は設定されていませんが、過去の省エネ基準では5.0(㎠/㎡)に設定されていました。株式会社ブリーズハウジングの標準値は0.5以下と、極めて高いC値を設定しています。

住宅に気密性が必要な理由

解説する人
ここでは、住宅に気密性が必要な理由を詳しく解説していきます。

光熱費を抑えられる

気密性が高いと、冷暖房で調節した適温の空気が外に逃げにくくなります。また、外気と室内を遮断できているため外部の空気が侵入せず、一定の室温が保ちやすいです。冷暖房をフル稼働させなくても最適な室温が維持でき、光熱費の削減につながります。

また、部屋ごとの温度差も生まれにくく、室内のどこにいても快適さを感じられます。例えば、寒い季節のトイレや洗面所は、暖房が付いている部屋との温度差が大きくなりがちです。場合によっては、温度差により血圧が急変動しヒートショックを起こすリスクがあります。

気密性が高ければ冷たい外気が入る隙間がなく、暖房がついていない場所でも著しい温度の低下を防げます。

断熱性能を維持する

住宅の断熱性能とは断熱材や断熱性の高い窓などを使い、室内と外部間の熱移動を遮断することです。どんなに断熱性能が高くても、気密性が低いと断熱性能を維持できません。その理由は2つあります。

1つ目は、外の空気が入り込んでしまうためです。気密性が低い家は隙間が多くあるため、断熱性能を高めたところで外気が侵入してしまいます。その結果、室内を適温に維持することが難しくなるでしょう。

2つ目は、断熱材の劣化につながることです。隙間が多くあると壁や屋根などに湿気を含んだ空気が入り込み、結露を招きます。結露した状態を放置すると、断熱材の劣化や構造部分の腐敗につながります。その結果、断熱性能が衰え、本来の性能を維持できなくなります。気密性と断熱性能には関連性があり、どちらかが欠けても快適な室温を維持できません。

>>断熱性能が低い家に潜むリスクとは?併せてこちらもチェック!

計画的な空気の入れ替えができる

気密性が低いと意図せず外気が入り込むため、計画的な換気が難しくなります。例えば、花粉やPM2.5などの汚染物質を室内に入れたくないと思っても、知らず知らずのうちに入り込んでしまいます。また、室内の空気の流れが滞りやすく、一部に二酸化炭素や臭いが溜まってしまうことも考えられます。

気密性が高ければ室内の空気の流れが滞ることがなく、換気システムを使い計画的に換気をすることが可能です。換気システムにフィルターなどを装着すれば、汚染物質の侵入を防ぎながら空気の入れ替えができます。

>>効果的な換気には気密性が重要!詳しくはこちら

防音性能を高められる

気密性が高いと空気だけでなく、室内の音も外に通しにくくなります。室内で遊んでいる子どもやペットの声、テレビの音などが外に漏れにくく、ご近所への騒音の心配も少なくなります。

また、外部の音を室内に通す隙間がないため、外の騒音も伝わりにくいです。線路沿いや繁華街に近いなど住まいの周辺環境によっては、外部の環境に左右されることなく暮らしやすい環境を整えられます。

>>高気密・高断熱住宅を建てる目的とメリットとは?断熱方法や徳島市のUA値も紹介

気密性を高めるためのポイント

ポイント
ここまで気密性の必要性を解説してきましたが、実際に気密性を高めるにはどのようなことが必要なのでしょうか?ポイントとしては、次の3つがあります。

1. 気密性を高める処理をする

気密シートや気密パッキン、気密テープなどを使い、住宅の気密性を高める処理をします。例えば、ドアや窓などの開口部は無理なく設置できるように、余裕を持って設計されていることがあります。その分隙間が生まれやすいため、気密パッキンや気密テープで後処理をして隙間を作らないことが重要です。

2. 気密性の高い部材を使用する

住宅の気密性を高めるには、隙間ができる部材を避けてできるだけ気密性の高い部材を選択しましょう。特に、窓は開口部となるため、気密性を左右するポイントです。隙間が増える引き違い窓や上げ下げ窓、勝手口通風ドアはできる限り少なくして、他のドアや窓を検討するだけでも気密性が高められるでしょう。

3. 高い施工力の住宅会社に依頼する

高気密な住宅を建てるには、精度の高い施工が求められます。どれだけ優れた部材を使用していても、施工に狂いがあると隙間が生まれやすく、結果的に気密性が低下します。そのため、安心して任せられる住宅会社を選択することが大切です。

気密測定を実施して気密性能を確認する

気密測定器
気密測定とは、専用の機械を使って住宅の気密性能を算出することです。気密測定では先ほど紹介したC値を算出して、建設中もしくは完成した住宅がどの程度の気密性を維持できているのか確認できます。

株式会社ブリーズハウジングでは全棟に気密測定を実施しており、高気密であることを確認しています。

徳島県徳島市と板野郡北島町のZEH基準や気候

徳島市街地と徳島市内町小学校
徳島県徳島市は、徳島県の東部に位置する中核都市です。徳島市に隣接する板野郡北島町は、近郊住宅地として機能しています。

徳島市の年間平均気温は16.6度と温暖で、降水量が少ない傾向があります。降雪が珍しい地域でもあり、住まいづくりでは寒さ対策よりも暑さ対策を重視する必要があります。

年間日照時間は2,000時間以上と太陽エネルギーを有効活用しやすいため、ZEHでは太陽光パネルの設置も検討できるでしょう。
徳島県徳島市と板野郡北島町のZEHの地域区分は6で、UA値は下記のように定められています。
表 地域区分6のUA値(ZEH基準、HEAT20)

>>徳島市周辺でZEH住宅を建てるには?メリット・デメリットなど詳しくはこちら!

株式会社ブリーズハウジングではUA値0.5以下を標準として設定しており、ZEHやHEAT20 G1の数値を上回っている、高断熱・高気密な家を実現しています。

参考元:徳島市『徳島市の概要』
参考元:北島町『北島町の位置・地勢・面積』
参考元:国土交通省『地域区分新旧表』

高気密高断熱な注文住宅なら株式会社ブリーズハウジングにお任せください

白と木目のキューブ型の家
株式会社ブリーズハウジングは、家族みんなが笑顔で暮らせる高気密高断熱の住まいづくりをお手伝いしています。快適な暮らしには「高気密」「高断熱」「計画換気」の3つが必要ですが、すべてを高い水準でクリアしています。

>>断熱・気密・計画換気で理想の高性能な住まいに

株式会社ブリーズハウジングでは、随時個別相談やイベントを実施しています。徳島県徳島市や板野郡北島町でマイホームを検討している場合は、お気軽にお問い合わせください。
#徳島県徳島市 #徳島県板野郡北島町#注文住宅 #新築 #高気密 #高断熱 #太陽光発電 #防音 #家づくりの基礎知識 #性能

おすすめのコラム
家づくりの豆知識をお伝えします。

R+house徳島北(ブリーズハウジング)の家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.05.29

注文住宅における平屋の魅力とは?徳島県徳島市周辺の坪単価も調査

R+house徳島北(ブリーズハウジング)の家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.05.29

徳島県徳島市の住みやすさは?主要地域へのアクセスや注文住宅を建てるおすすめエリア5選

R+house徳島北(ブリーズハウジング)の家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.05.24

徳島市で注文住宅を建てるなら価格相場はいくら?家づくりの予算を考えよう

R+house徳島北(ブリーズハウジング)の家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.05.17

注文住宅における間取り設計の注意点とは?徳島市で住みやすい家づくりのポイントも解説

前へ
徳島県徳島市でZEH住宅を建てるには?メリット・デメリットや条件を詳しくご紹介!
注文住宅に必要な耐震性能とは?耐震等級や徳島県徳島市・板野郡北島町の災害リスクを解説
次へ
徳島県徳島市でZEH住宅を建てるには?メリット・デメリットや条件を詳しくご紹介!
注文住宅に必要な耐震性能とは?耐震等級や徳島県徳島市・板野郡北島町の災害リスクを解説

おすすめの施工事例
注文住宅で建てる理想のマイホームをご紹介

お客様の声
いただいたお客様の声をご紹介します。

強みをご紹介
私たちの家づくりの強みをご紹介します。

高性能住宅でより充実した住宅計画に

補助金と資金計画で お得な家づくり

新築住宅において、住宅ローン減税や補助金等はいろいろな種類があります。各制度をうまく利用することでより充実した住宅計画にすることができる場合もあります。
また、FP診断を通して住宅ローン減税で13年間の間にいくら減税をうけることができるのか等の計算も簡単に行うことができます。
長期優良住宅(ZEH)の性能をゆうに超える高性能住宅

高断熱・高気密の高性能住宅

家づくりを考えたとき、家を建てるために必要なイニシャルコストは気にするものの、ランニングコストについては意識していない方が多くいらっしゃいます。家づくりにおけるランニングコストにはさまざまなものがありますが、代表的なものが冷暖房にかかるコストです。理想の注文住宅を建てたものの、夏は暑く冬は寒いため、冷暖房のための電気代が高くついてしまうという話は珍しくありません。
こうした問題を解消するのが、高気密・高断熱の家です。気密性・断熱性を高めることで、冷暖房の効率が上がって年間のコストが下がるほか、住まいの耐久性を高めて寿命を延ばすというメリットもあります。さらに、屋内の温度変化を減らすことで、ヒートショック現象などのリスクを抑え、家族の健康にもつながるのです。
R+house徳島北がご提供しているのは、「長期優良住宅(ZEH相当の水準)」をはるかに上回るほどの高気密・高断熱で家族を守る住まいです。
アフターサポート

安心のサポート

R+houseは建設中・建てた後のサポートも充実しています。
あなたの大切なおうちを守るため、R+houseは長期にわたってサポートを続けます!

商品
私たちの商品をご紹介します。

おすすめのイベント
私たちが開催する家づくりのイベントをご紹介します。

R+house徳島北(ブリーズハウジング)の家づくり写真
Instagramで投稿している写真をご紹介します。

R+house徳島北(ブリーズハウジング)の家づくり写真

お問い合わせ
些細なことでもお気軽にご相談ください

株式会社ブリーズハウジング/R+house徳島北
住所
徳島県徳島市北矢三町3丁目2-84
営業時間
10:00~18:00
休業日
水曜、木曜、お盆、年末年始