徳島市で建築家とつくる高性能な注文住宅
カタログを請求する

カタログを
請求する

イベントの予約をする

イベントの
予約をする

家づくりの相談をする

家づくりの
相談をする

モデルハウス予約

モデルハウス予約

カタログを請求する

カタログを
請求する

イベントの予約をする

イベントの
予約をする

家づくりの相談をする

家づくりの
相談をする

モデルハウス予約

モデルハウス予約

鳴門市で受けられる補助金は?住宅や医療に関する制度をご紹介

家づくりノウハウ
公開日:2023.02.22
最終更新日:2024.01.22
R+house徳島北(ブリーズハウジング)の家づくり写真
R+house徳島北(ブリーズハウジング)の家づくり写真
家づくりノウハウ
公開日:2023.02.22
最終更新日:2024.01.22

鳴門市で受けられる補助金は?住宅や医療に関する制度をご紹介

マイホームと補助金
住宅を新築・リフォームするときは、大きな費用がかかります。そんなときに利用したいのが、負担を軽くしてくれる補助金です。今回は、徳島県鳴門市で住宅を新築・リフォームする際の補助金や控除などについてご紹介します。また鳴門市に住む子どもの医療費についても最後にまとめていますので、鳴門市に在住の方、鳴門市でマイホーム購入を検討中の方は参考にしてください。

目 次

【国】住宅に関する補助金・減税制度

円マークが書かれた袋と下向き矢印
まずは、国による住宅関連の補助金制度を見ていきましょう。

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)住宅の補助金

ZEHとは、エネルギー収支ゼロ以下の家のことをいいます。つまり、太陽光発電などによってエネルギーをつくり、年間で消費するエネルギー量を実質的にゼロ以下にするという意味です。ZEH住宅実現のため重要なのが「断熱」「省エネ」、そして「創エネ」です。
エコ住宅のイメージ
「断熱」は壁や屋根、窓などに断熱性・気密性の高い素材を使用して、夏は涼しく冬は暖かい家を実現する必要があります。「省エネ」は、性能の高い住設機器・換気システム・LED照明などを導入し、消費エネルギーを減らすこと。そして「創エネ」は、自然の力を使用してエネルギーを創り出すことを指します。その代表が、屋根に設置する太陽光発電です。
戸建て住宅のZEHには4つの区分があり、受けられる補助金の名前や補助額がそれぞれ異なります。ここでは、2つの補助金を取り上げてご紹介します。(2023年2月現在)

こどもエコすまい支援事業

子育てに優しい街づくり
ZEHレベル基準を満たした住宅を建てる、子育て世帯や若者夫婦世帯を支援するために実施される事業。リフォームも対象で、2023年から本格実施となっています。

事業名:こどもエコすまい支援事業
実施主体:国土交通省
対象:
・新築注文住宅の建築主※1
・新築分譲住宅の購入者※2
・リフォーム工事の発注者
※1※2については、申請時点で18歳未満の子どもを有する世帯・夫婦のどちらかが39歳以下である世帯が対象
補助金額:1住宅につき1,000,000円(リフォームの場合は500,000~600,000円)
申請期間:2023年3月下旬~予算上限に達するまで

なお、すでに家を建てた・現在建てている場合も、工事に着手した日が2022年11月8日以降であれば対象となります。申請については家づくりを進めている住宅会社へ相談しましょう。

地域型住宅グリーン化事業

新鮮な葉っぱで描いた、おしゃれなハートのリース
地域の木材関連事業者・中小工務店などのグループが、地域材を用いて省エネ性・耐久性に優れた木造住宅を建てる際に交付される補助金です。補助金を受けるためには、その木材関連事業者や中小工務店などが、国土交通省の採択を受けていることが必要です。補助金の上限額は、長寿命型、高度省エネ型、ゼロ・エネルギー住宅型など住宅のタイプにより異なります。

事業名:地域型住宅グリーン化事業
実施主体:国土交通省
対象:
・国土交通省の採択を受けた事業者が建てる耐久性・省エネルギー性能などに優れた新築木造住宅
・木造住宅の省エネ改修
補助金額:住宅のタイプにより異なるが上限額700,000~1,500,000円

地域型住宅グリーン化事業は、採択を受けたグループに対するもの。つまり、この補助金は、グループを通じて間接的に補助を受けることになります。

>>鳴門市でZEH住宅を建てるには?メリット・デメリットについて詳しくはこちら!

住宅ローン減税

住宅の新築・取得や増改築などをするときに、家計への負担を減らすための制度です。年末の段階で残っている住宅ローンの0.7%が、所得税から最大13年間控除されます。2022年の改正では、ZEHレベル基準を満たした住宅、長期優良住宅などの環境に配慮した住宅が優遇され、借入限度額の設定が高くなっています。

制度名:住宅ローン減税
適用条件:
【新築住宅の場合】
・住宅の引渡し日あるいは工事完了の日から6ヵ月以内に居住する
・合計所得金額20,000,000円以下
・床面積が50平方メートル以上でその半分以上が自身の居住用である
・10年以上のローンがあるなど
控除額:年末の時点で残っている住宅ローンの0.7%
控除期間:【新築住宅の場合】13年間

なお、既存住宅や増改築の場合はそれぞれ適用条件が異なり、控除期間が10年間となります。詳しくは、住宅会社の担当者へ相談してみましょう。

参考:経済産業省 資源エネルギー庁「知っておきたいエネルギーの基礎用語 ~新しい省エネの家「ZEH」」
参考:国土交通省HP「こどもエコすまい支援事業」
参考:国土交通省HP「令和4年度地域型住宅グリーン化事業 グループ募集の開始について」
参考:国土交通省HP「住宅ローン減税」
参考:国税庁HP「住宅ローン控除の適用要件等」

>>鳴門市で住宅ローン控除が適用される条件については併せてこちらもチェック!
>>鳴門市で長期優良住宅の認定を受けると補助金や減税制度のメリットがある?詳しくはこちら!

【県・市】住宅に関する補助金や制度

補助金制度
次に、徳島県や鳴門市で行っている補助や助成をチェックしていきましょう。(2023年2月現在)

森を木づかう住宅資金貸付制度

新築・リフォームの際に、徳島県が認める木材を使用すると受けられる低利融資です。新築・リフォームそれぞれに要件があります。

制度名:森を木づかう住宅資金貸付制度
実施主体:徳島県
対象:
【新築の場合】梁・桁材がすべて認証木材、または使用木材全体の5割以上が認証木材
【リフォームの場合】リフォーム時の使用木材の5割以上が認証木材
貸付の内容:
【上限金額】新築20,000,000円/リフォーム9,000,000円
【貸付金利】1.10%

金利は金融情勢により変動することがあるため、そのときの情報を確認してください。

なると定住促進住宅取得補助金

木目のリビングと黒の階段
若者の移住定住の促進のために鳴門市が行っている支援です。市内に住宅を建てた場合だけでなく、中古住宅を購入した場合にも利用できます。また、基本額のほかに、15歳以下の子どもがいるなどの場合に補助金額が加算されるシステムもあります。

補助金名:なると定住促進住宅取得補助金
実施主体:鳴門市
対象:
・鳴門市内に建設された住宅で、2022年4月1日以降に所有権の保存・移転の登記がされたもの
・工事や売買の契約時に夫婦・パートナーのどちらかが39歳以下である
・鳴門市に住民票があり、10年以上居住する意思をもっていること
補助金額:【基本額】新築300,000円/中古200,000円
【加算額】夫婦・パートナーに15歳以下の子どもがいる/住宅取得をきっかけに転入/親世帯と同居などにより100,000~200,000円

中古住宅を購入する場合は、建物の取得価格が1,000,000円以上であることが求められます。

なると結婚新生活支援補助金

婚姻した夫婦、パートナーシップやファミリーシップ宣誓書受領証を交付されたパートナーが、新生活を開始するときに受けられる支援です。賃貸の敷金・礼金などだけでなく、住宅の機能維持・向上を目的として行われるリフォーム費用なども対象です。

補助金名:なると結婚新生活支援補助金
実施主体:鳴門市
対象:
・2022年1月1日から2023年3月31日までの期間に婚姻した夫婦、パートナーシップ・ファミリーシップ宣誓書受領証を交付されたパートナー
・婚姻日の年齢がともに39歳以下
補助金額:
所得合計が4,000,000円未満:上限300,000円
所得合計が4,000,000円以上:上限150,000円

ただし、2023年4月以降は支援の内容が変わる可能性があります。

住宅安心リフォーム支援事業

鳴門市内でリフォームをするときに支給される補助金。市が定める要件を満たす工事に対して、費用の一部を補助してくれます。

事業名:住宅安心リフォーム支援事業
実施主体:鳴門市
対象:
・世帯全員の前年度の所得が5,500,000円未満
・市内で住民登録している方
補助金額:最大200,000円

こちらの補助金は年度ごとに応募戸数が決まっており、上限に達した場合は受付終了となっている場合があります。

高齢者住宅改造費助成金

笑顔で立つ若夫婦と老夫婦
鳴門市では、高齢者が生活しやすいように改造するときの費用の一部を助成しています。介護を要する65歳以上の方がいる、所得税非課税世帯が対象です。

補助金名:高齢者住宅改造費助成金
実施主体:鳴門市
対象:介護を要する65歳以上の方がいる、所得税非課税世帯
補助金額:上限600,000円

ただし、介護保険における住宅改修の補助金を受ける場合には、支給限度額が変わることがありますのでご確認ください。

木造住宅耐震改修支援事業

木造住宅の耐震改修に関わる補助金です。一定水準以上の耐震補強工事にかかる費用、感震ブレーカー設置にかかる費用などの一部に対して補助を受けられます。また、耐震補強工事と併せて施工するスマート化工事に対しても、補助を行っています。

事業名:木造住宅耐震改修支援事業
実施主体:鳴門市
対象:
・市内にある木造住宅
・耐震診断で倒壊の可能性があると診断された住宅
補助金額:
・耐震補強工事:上限1,000,000円
・工事と併せて設置する感震ブレーカー費用:上限100,000円
・上記の補強工事や設置工事に併せて行うスマート化工事:上限300,000円

木造住宅耐震改修支援事業は年度ごとに予定戸数が決まっているため、対象となる場合でも申し込みできないことがあります。くわしくは鳴門市のWEBサイトまたは住宅会社の担当者へ相談してみましょう。

参考:徳島県HP「森を木づかう住宅資金貸付制度について」
参考:鳴門市HP「なると定住促進住宅取得補助金」
参考:鳴門市HP「なると結婚新生活スタート支援補助金」
参考:鳴門市HP「住宅安心リフォーム支援事業」
参考:鳴門市高齢者住宅改造費助成金交付要綱
参考:鳴門市HP「木造住宅耐震改修支援事業」
参考:鳴門市HP「高齢者福祉」

【鳴門市】こどもの医療費は?

2階から日差しが入る吹き抜けのリビングダイニングキッチン
鳴門市の「子どもはぐくみ医療費助成制度」では、中学校修了までの子どもにかかる医療費の助成を行っています。1つの医療機関でかかる医療費は、3歳以上の子どもが通院する場合1ヵ月600円。3歳未満の場合、自己負担金はありません。なお、入院治療で自己負担が発生するのは、6歳以上の子どもとなります。

参考:鳴門市HP「子どもはぐくみ医療費助成制度」
参考:徳島県HP「令和5年度子どもはぐくみ医療費市町村制度の概要」

>>名西郡石井町の住宅や子どもに関する補助金・助成事業は?詳しくはこちら!
>>阿南市の住宅や子どもに関する補助金・助成事業は?詳しくはこちら!

鳴門市の注文住宅・リフォームは株式会社ブリーズハウジング

木目のアクセント外壁が特徴的なモノトーンのスタイリッシュな外観
鳴門市で住宅を新築・リフォームする際に受けられる補助金についてご紹介しました。ここでご紹介した制度や補助金は、2023年2月時点のものです。内容や補助金額が変わる可能性もあるため、最新の情報をチェックしましょう。
株式会社ブリーズハウジングは、高断熱・高気密そして耐震性の高い家をご提供しています。手の届く価格で高性能な家づくりをしたい方は、お気軽にご相談ください。

>>補助金制度の充実している鳴門市で注文住宅を建てるならR+house
#徳島県鳴門市#木造 #省エネ住宅 #注文住宅 #新築 #リフォーム #中古住宅 #子育て #介護に配慮 #高断熱 #ZEH #太陽光発電 #住宅ローン #補助金 #減税 #耐震 #引っ越し #リフォームの基礎知識 #リフォーム補助金

おすすめのコラム
家づくりの豆知識をお伝えします。

R+house徳島北(ブリーズハウジング)の家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.05.17

注文住宅における間取り設計の注意点とは?徳島市で住みやすい家づくりのポイントも解説

R+house徳島北(ブリーズハウジング)の家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.04.23

注文住宅の相場(価格)はいくら?徳島市周辺の相場や予算の立て方などを紹介

R+house徳島北(ブリーズハウジング)の家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.04.22

徳島市で安全な土地はどこ?ハザードマップからわかる地盤の強さを紹介

R+house徳島北(ブリーズハウジング)の家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.04.22

板野郡北島町の土地価格相場・今後の推移は?希望の住宅にあった土地の選び方

前へ
徳島県名西郡石井町の補助金や助成事業の情報を徹底解説!
住宅購入をご検討の方や子育て中の方に役立つ情報をお伝えします
徳島市の気候を分析!徳島市の気候を考慮した家づくりでは住宅性能が大事
次へ
徳島県名西郡石井町の補助金や助成事業の情報を徹底解説! 住宅購入をご検討の方や子育て中の方に役立つ情報をお伝えします
徳島市の気候を分析!徳島市の気候を考慮した家づくりでは住宅性能が大事

おすすめの施工事例
注文住宅で建てる理想のマイホームをご紹介

お客様の声
いただいたお客様の声をご紹介します。

強みをご紹介
私たちの家づくりの強みをご紹介します。

高性能住宅でより充実した住宅計画に

補助金と資金計画で お得な家づくり

新築住宅において、住宅ローン減税や補助金等はいろいろな種類があります。各制度をうまく利用することでより充実した住宅計画にすることができる場合もあります。
また、FP診断を通して住宅ローン減税で13年間の間にいくら減税をうけることができるのか等の計算も簡単に行うことができます。
長期優良住宅(ZEH)の性能をゆうに超える高性能住宅

高断熱・高気密の高性能住宅

家づくりを考えたとき、家を建てるために必要なイニシャルコストは気にするものの、ランニングコストについては意識していない方が多くいらっしゃいます。家づくりにおけるランニングコストにはさまざまなものがありますが、代表的なものが冷暖房にかかるコストです。理想の注文住宅を建てたものの、夏は暑く冬は寒いため、冷暖房のための電気代が高くついてしまうという話は珍しくありません。
こうした問題を解消するのが、高気密・高断熱の家です。気密性・断熱性を高めることで、冷暖房の効率が上がって年間のコストが下がるほか、住まいの耐久性を高めて寿命を延ばすというメリットもあります。さらに、屋内の温度変化を減らすことで、ヒートショック現象などのリスクを抑え、家族の健康にもつながるのです。
R+house徳島北がご提供しているのは、「長期優良住宅(ZEH相当の水準)」をはるかに上回るほどの高気密・高断熱で家族を守る住まいです。
アフターサポート

安心のサポート

R+houseは建設中・建てた後のサポートも充実しています。
あなたの大切なおうちを守るため、R+houseは長期にわたってサポートを続けます!

商品
私たちの商品をご紹介します。

おすすめのイベント
私たちが開催する家づくりのイベントをご紹介します。

R+house徳島北(ブリーズハウジング)の家づくり写真
Instagramで投稿している写真をご紹介します。

R+house徳島北(ブリーズハウジング)の家づくり写真

お問い合わせ
些細なことでもお気軽にご相談ください

株式会社ブリーズハウジング/R+house徳島北
住所
徳島県徳島市北矢三町3丁目2-84
営業時間
10:00~18:00
休業日
水曜、木曜、お盆、年末年始