TOP
家づくりノウハウ
2022.11.24

高気密・高断熱住宅を建てる目的とメリットとは?断熱方法や徳島市のUA値も紹介

家小物の上の天秤棒とメリットとデメリットの文字
注文住宅を検討していると、「高気密」「高断熱」という言葉に目が向くことはないでしょうか。なんとなく性能の高い家であることは理解できても、「どのような目的があって高性能にするのか」については、よくわからないという方も多いのではないでしょうか。
今回は、高気密・高断熱の一戸建て住宅を建てる目的や工法についてなどを解説し、メリットや注意点にも触れていきます。
徳島県徳島市や板野郡北島町周辺で求められる断熱基準についてもお伝えしましょう。

目次

高気密・高断熱住宅とは?

近年、高気密・高断熱をうたっているハウスメーカーや工務店が増えているのではないでしょうか。多くの方が「冷たい空気が遮断されて暖かそう!」というイメージをお持ちなのでは?高気密・高断熱について、さらに掘り下げていきます。

高断熱住宅とは

「高断熱」とは断熱性が高い状態です。家のなかの温度は、壁や天井、窓を通して伝わる外気により変化してしまいます。高断熱住宅は、壁に断熱材を用いる方法や断熱性の優れた窓の設置などにより、断熱性能を高めた家のことを指すのです。

高気密住宅とは?

気密性能に優れていることを「高気密」といいます。天井や壁などに隙間があると、冷気や暖気が外から侵入してしまいます。逆に、冷暖房器具で家のなかを快適な温度に保っていたとしても、気密性が低ければ屋内の空気が外へ逃げてしまうでしょう。
気密性を高めるためには、気密テープや高気密部材などを用いて家の隙間をふさぐ工法が有効です。こうして気密性を向上させた住宅を高気密住宅と呼びます。

高断熱住宅の成り立ち

断熱方法には種類があります。それぞれメリットやデメリットも含めて解説していきましょう。

「内断熱」の工法

内断熱は、家の外壁と室内側の壁との間に断熱材を詰める方法です。壁以外にも、床下や天井の上にも断熱材は使われます。日本の木造住宅で比較的多く使用されている断熱方法です。
断熱材の種類や厚みなどによりますが、外断熱と比べると費用を抑えられる点がメリットです。一方で、家の外を断熱材で覆う外断熱よりも断熱効果は劣ってしまう点も。壁の内側に、結露が発生する恐れもあります。

内断熱工法で使用する主な断熱材

内断熱工法で採用される主な断熱材には、鉱物系の断熱材である「グラスウール」「ロックウール」が挙げられます。そのほか用いられる断熱材は、天然素材系の断熱材「セルロースファイバー」や発泡プラスチック系の断熱材「ポリスチレンフォーム」などです。

「外断熱」の工法

外断熱工法は、住宅そのものを断熱材で覆う工法です。主に鉄筋コンクリート造の住宅で用いますが、木造住宅でも使用されます。断熱材同士の隙間ができにくく、内断熱よりも断熱性と気密性に優れています。
隙間がないため、外からの冷たい空気の侵入を防ぎ、結露が起きにくい点がメリットです。一方で、一般的に内断熱よりも外断熱のほうが費用が高くなる傾向にあります。

外断熱工法で使用する主な断熱材

外断熱工法で使われる機会の多い断熱材は、発泡プラスチック系が多いです。「硬質ウレタンフォーム」や「フェノールフォーム」などがよく使われます。

「付加断熱」の工法

付加断熱は、内断熱と外断熱のメリットを組み合わせた工法です。断熱効果は内断熱と外断熱を単体で行うケースよりも優れていますが、費用がかかります。

高気密・高断熱住宅にする目的とは?

高気密・高断熱の家づくりをする目的について、メリットもお伝えしながら解説していきましょう。

光熱費を削減するため

高気密で高断熱な住宅は、屋内の空気を外部に排出しにくいという特徴があります。反対に、屋外の暑いまたは冷たい空気を入り込ませない構造です。冷暖房器具の使用も最低限で済むため、光熱費を削減できるでしょう。

ヒートショックを予防するため

住宅設計 エコ住宅のイメージ
急激な温度変化により血圧が急上昇・急降下することで、脳梗塞や心筋梗塞を引き起こす「ヒートショック」という現象があります。家のなかでは、暖かいリビングから急に寒いトイレに入ったときなどに起こる恐れもあるのです。高気密・高断熱の住宅であれば温度差を抑えられるため、ヒートショックが起きるリスクも軽減されるでしょう。

遮音性能を高めるため

高気密住宅は、家の壁や天井などにできるわずかな隙間を埋めた家です。そのため、外からの騒音が気になりにくいのもメリットです。断熱材により音が吸収されやすい点も、遮音性能の高さに結びついています。
また、屋内の音が外部に漏れ出るのを防ぐ効果も期待できます。自宅でピアノやギターなどの音楽を演奏する方や、小さい子どもやペットがいる家庭にはとくにメリットとなるでしょう。

高気密・高断熱住宅の注意点

さまざまなメリットがある高気密・高断熱住宅ですが、注意したい点もあります。

空気がこもりやすい

気密性に優れているということは、一方では空気が循環しにくいともいえます。空気がこもりやすく、またダニやほこりなどのハウスダストが家のなかに留まりやすい環境です。
ただし、2003年以降、住宅には「24時間換気システム」の取りつけが定められています。換気設備の働きにより、屋内の空気は常にコントロールされる仕組みです。ハウスダストの影響や化学物質によるシックハウス症候群を防ぐ効果があるほか、除湿の効果も期待できます。

使用できる暖房器具に制限がある

高気密・高断熱の住宅では、石油ストーブやファンヒーターの使用は避けたほうがよいでしょう。二酸化炭素が充満する恐れがあるため、使用するならば窓を開けて十分な換気をする必要があります。しかし、高気密・高断熱の住宅にしているにもかかわらず、窓を開けて外部の冷気が入ってきては本末転倒です。高気密・高断熱住宅では、エアコンや床暖房の使用が効果的でしょう。

壁内結露やカビが発生する恐れがある

「壁内結露」は、壁と柱の間に入れる断熱材にわずかな隙間ができ、その隙間から入り込んだ外気が内部の空気と触れ合うことで発生します。放置しているとカビの原因になり、建物の劣化にもつながりかねません。
壁内結露の予防には、防湿・防水シートの使用や隙間をつくらない丁寧な施工が必要です。施工実績が豊富で、信頼できるハウスメーカーや工務店へ依頼するようにしましょう。

ZEH住宅とは?

住宅 模型
高気密・高断熱住宅に関連するワードとして「ZEH(ゼッチ)住宅」が挙げられます。ZEH住宅とは、「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス」の略です。断熱性能や省エネ性能を高め、加えて太陽光発電などでエネルギーを創出することにより、エネルギー消費を年間ゼロにする目的で建てられた家を指します。

ZEH住宅となる条件

ZEH住宅として認められるには、3つの条件をクリアしなければなりません。
・断熱性能
夏は外部の熱い空気を屋内に伝えず、冬は屋内の暖かい空気を家の外に排出しないという構造を、住宅の断熱性能といいます。また、断熱性能は「UA値」という数値によって表されます。

・省エネ性能
住宅において、とくにエネルギー消費量の大きい要素が、冷暖房などの空調・照明・給湯・換気です。これらの4つの要素においては、ZEHの基準に適合した機器の導入が求められています。

・創エネ
エネルギーを創出する創エネにおいて、代表的なものには「太陽光発電」が挙げられます。そのほか、家庭用燃料電池なども併用することで電力を創出するのです。

「UA値」とは?

「UA値」は外皮平均熱貫流率とも呼びます。住宅における外皮とは、窓・床・外壁・天井および屋根です。外皮や開口部などからは、住宅内の熱が外へ排出されます。この排出さされる熱量を平均した値がUA値です。
UA値は小さいほど熱が排出されにくいとされ、断熱性能が優れていることを表します。

ZEH基準でみるUA値

ZEHの判断基準には4つの定義があります。そのうち、断熱性能を表す「強化外皮基準の充足」はZEH基準の場合、従来の省エネ基準より高水準となるのです。

地域ごとのUA値

ZEH基準のUA値は、地域によって1~8までの区分ごとに決められています。
1地域:旭川など 0.40
2地域:札幌など 0.40
3地域:盛岡など 0.50
4地域:仙台など 0.60
5地域:つくばなど0.60
6地域:東京など 0.60
7地域:鹿児島など 0.60
8地域:沖縄 記載なし

同じ県内でも、エリアによってUA値が異なる場合があるので、住宅の建設予定のエリアは事前に調べてみましょう。

徳島県徳島市・板野郡北島町周辺の地域区分とUA値は? 

徳島市の街並み
徳島県のUA値の地域区分は、県内でもエリアによって異なりますが、主に6地域に区分されています。徳島市や板野郡北島町周辺は区分6の地域です。ZEH基準は断熱等級5のレベルに相当し、ZEH基準でみるとUA値は0.60となります。つまり、新築で高気密・高断熱の住宅をお考えの方は、断熱性能を表すUA値が0.60以下であるハウスメーカーや工務店を選ぶとよいでしょう。

高気密・高断熱な家づくりは施工実績が豊富な業者へ依頼を!

高気密で高断熱な住宅は、年中快適に暮らせるといったメリットも多くあります。一方で、壁や柱に入れる断熱材に隙間があるなどの不備がある場合、壁内結露など住宅を劣化させる原因をつくってしまいます。断熱性や気密性や断熱性を重視した家づくりは、信頼できる実績豊富なハウスメーカーや工務店への依頼がポイントになるでしょう。
株式会社ブリーズハウジングはUA値0.50以下を実現しており、高断熱住宅の設計・建築の実績も豊富です。徳島市をはじめ、北島町・藍住町・松茂町・石井町周辺で、夢のマイホームに高気密・高断熱な注文住宅をお考えの方は、ぜひ株式会社ブリーズハウジングへお任せください!



記事監修者:中小企業診断士(住宅コンサルタント)塩味 隆行
一般社団法人 住宅資産価値保全保証協会認定講師
住宅検討をされている方が後悔しない家づくりを実現いただくため、 全国各地で年100回以上、家づくりセミナーの講師を担当しています。 住宅購入の際に必要となる性能や土地についての基礎知識から、 資金計画などの専門的なことまで、客観的かつ具体的に情報をお伝えいたします。
家づくりの基礎知識 性能 省エネ
OB様邸YouTubeルームツアー公開中!「...
徳島県徳島市で 注文住宅を建てるならメリット...
コラム一覧へ戻る

日程が近いイベント

おすすめの事例

無料の"個別相談"をほぼ毎日開催
「お金はどれくらいかかるの?」「どんな土地を探せばいいの?」など、家づくりに関する気になることやお悩みは、まずは何でもお気軽にご相談ください!住宅のプロが丁寧にお応えいたします。

営業時間 営業時間:10:00~18:00/定休日:水・木曜日・お盆・年末年始