TOP
家づくりノウハウ
2022.12.24

土地の購入から登記までの流れを解説!徳島市周辺の土地情報もチェック

一戸建て住宅の土地探し
「マイホームを建てるための土地がほしい!」とお考えの方は、土地を購入する際、実際にどのような流れで手続きするのかご存じでしょうか?また、土地の価格は、購入したい土地がある地域の条件や人気によっても左右されます。
そこで今回は、土地の購入から登記までの流れと、徳島県徳島市・板野郡北島町周辺の土地情報をまとめてご紹介しましょう。

目次

土地を購入するときの流れ

まずは、土地の購入契約から登記申請、物件の引き渡しが完了するまでの流れを解説しましょう。

買付証明書を提出する

買いたい土地がみつかったら、不動産会社を通して売主に「買付証明書」を出しましょう。買付証明書は、購入の意思を示す書類です。買付証明書を提出する段階で金銭のやりとりは発生せず、申請を撤回してもペナルティとして料金が発生することもありません。同時期にほかの人も申請している可能性があるので、購入したいと思える土地があれば早めに意思表示をしておくといいでしょう。

住宅ローンを組むときは事前審査を受ける

自己資金で土地を購入するときは、そのまま売買契約へと進みます。住宅ローンを組んで購入した土地に住宅を建てたいときは、土地を購入する前に住宅ローンの事前審査を受けておくことがおすすめです。先行融資やつなぎ融資を利用して土地のみを先に購入することもできますが、住宅を建てることが必須条件であり審査も厳しい傾向にあります。
買付証明書を提出する時期にローン契約を結ぶ金融機関を2~3行に絞っておき、どの程度お金を借りられるか確かめておくことで、住宅ローンの本審査もスムーズに進められるでしょう。

重要事項の説明を受ける

注文住宅を検討する様子
土地の売買契約を結ぶ前には、宅地建物取引主任者から重要事項の説明を受けます。今まで説明を受けてきた内容の最終確認になるため、事前にコピーをとって内容を十分に把握しておくといいでしょう。土地の面積や隣地・隣道との境界線、住宅ローン審査が通らなかった場合の手付金返還の内容など、細かな点まで質問して確認しておくことが大切です。

手付金を支払う

重要事項説明の内容に問題がなければ、手付金と印紙代を支払い土地の売買契約を結びます。手付金は、土地代の約10%を現金で支払うのが一般的です。不動産会社を通して土地を購入するときは、仲介手数料の半額もあわせて支払います。売買契約の書類には署名と捺印が必要なので、印鑑も忘れずに用意しておきましょう。
マイホームとローン

住宅ローンの本審査を受ける

土地の売買契約を結んだあとは、金融機関で住宅ローンの申し込みを行い、本審査を受けます。必要なものはそれぞれの金融機関によって少し異なりますが、運転免許証や源泉徴収票、印鑑証明書、所得証明書など、指定された書類を持参する必要があります。
不動産会社の担当者が同席してくれることが多いため、わからないことはその都度確認しながら進めましょう。

金銭消費賃借契約を結ぶ

無事に本審査が通れば、金銭消費賃借契約に進みます。金銭消費賃借契約は、住宅ローンの借主と金融機関のあいだで、住宅ローンの借入金額や返済年数、金利や担保といった借入条件を含めた内容を確認し、売買を成立させるために交わす契約です。
金銭消費貸借契約書には実印を押印する必要があるため、金銭消費賃借契約を結ぶときには忘れず持参しましょう。

残金決済・登記申請を行う

金銭消費賃借契約を交わしたら、後日不動産会社や司法書士とともに金融機関に集まり、ローンの実行や残金の支払い、諸経費の精算などを行います。この残金決済日に登記申請も行う流れが一般的です。
お金の決済が終わったあと、司法書士が所有権移転の登記を行います。土地の契約者は、司法書士へ報酬を支払うだけで問題ありません。司法書士から受ける登記必要書類の説明や、固定資産税をはじめとしたお金にまつわる話をしっかりと聞いて理解しておきましょう。

物件の引き渡し

司法書士による登記までが終わると、土地の引き渡しとなります。土地の売買契約から引き渡しまでにかかる期間は、通常1~2か月程度です。人気の土地はすぐに売れてしまうこともあるので、事前に土地購入の流れを把握しておき、条件にあう土地がみつかったらすぐに行動を起こせるよう、準備しておくことをおすすめします。

徳島県徳島市の土地情報

土地探し
徳島県の県庁所在地でもある徳島市は、県内で最も人口の多い地域となっています。徳島市の住みやすさと住宅地として人気の高いエリア、土地の価格をご紹介しましょう。

住みやすさ

徳島県の中でも人口の多い地域である徳島市には、ハローズをはじめとしたスーパーマーケットや、スーパードラッグひまわりやキリン堂などのドラッグストアといった、日常生活に必要な施設が十分にそろっています。
香川県や愛媛県ともつながっている国道11号をはじめとした大きな道路も通っているため、県外へのアクセスも良好な地域です。子どもの医療費助成が中学卒業まで受けられるということもあり、ファミリー層が住みやすい地域となっています。

人気エリア

子ども教育を重視したいなら、前川・助任エリアがおすすめです。徳島駅の北側に位置している前川・助任エリアには、鳴門教育大学の附属幼稚園や小学校、中学校があります。治安の良さも、ファミリー層に人気が出ている理由のひとつです。
のんびりとした自然が多い環境を希望するなら、徳島市の中でも国府町周辺エリアがいいでしょう。落ち着いた住宅地でありながら国道192号も通っており、マルヨシセンターやマルナカといったスーパーマーケットも充実しているエリアです。徳島市内の中心部へのアクセスも良好な、生活しやすい地域といえます。

土地の価格

2022年時点、徳島駅にも近い阿波富田や二軒屋の平均坪単価は1坪当たり約30万円ですが、市内中心地から少し離れた国府町にある府中駅周辺では1坪当たり約18万円、国府町の隣に位置している石井駅周辺では1坪当たり約15万円となっています。市内中心地へのアクセスも良好な周辺エリアで土地を探してみることで、土地にかかる費用を抑えられるでしょう。

徳島県板野郡北島町の土地情報

徳島市の北側に位置している板野郡北島町は、住宅地として人気の高い地域です。板野郡北島町の住みやすさと人気のエリア、土地の価格を詳しくみてみましょう。

住みやすさ

板野郡にある北島町は、藍住町・松茂町などに接しており、土地を囲むように吉野川や今切川が流れています。板野郡の中でも特に徳島市に近い場所に位置しており、新しく住宅を建てる場所として人気の高いエリアです。町内には、フジグランやGUといった商業施設や、広々した北島中央公園、ザ・ビッグをはじめとしたスーパーマーケットもそろっています。徳島市内への通勤や通学もしやすい、ベッドタウンといえるでしょう。

人気のエリア

南側に徳島市がある北島町では、町の中心エリアとともに南部エリアにも人気が集まっています。南部エリアはフジグランがあり、日常の買い物にも便利な地域です。幼稚園や保育園、進学塾も複数あるため、ファミリー層も安心して生活できるでしょう。
町の中心エリアには、北島町役場や郵便局があります。幼稚園や小学校、中学校も充実しているため、南部エリアと同様に子育て世代も生活しやすい地域です。さらに、北島町立図書館や北島中央公園スポーツ広場などの施設もあり、勉学・スポーツともに力を入れやすい環境となっています。

土地の価格

2022年時点の北島町の平均坪単価は1坪当たり約18万円。藍住町勝端では1坪あたり約17.5万円となっています。徳島市にも近いエリアですが、土地にかかる費用を抑えた住宅の購入ができるでしょう。

マイホームのことなら「株式会社ブリーズハウジング」へ!

土地の購入から登記までの流れと、徳島県内の土地情報をまとめてご紹介しました。マイホームを建てるときには、希望の条件にあった土地をみつけることからはじめましょう。人気エリアの土地はすぐに売れてしまうこともあるので、みつかり次第買付証明書を提出しておくことがおすすめです。あらかじめ登記までの流れを把握しておき、土地が決まればスムーズに対応できるよう備えておきましょう。
注文住宅のご相談は、株式会社ブリーズハウジングへお気軽にお問合せください。




記事監修者:中小企業診断士(住宅コンサルタント)塩味 隆行
一般社団法人 住宅資産価値保全保証協会認定講師
住宅検討をされている方が後悔しない家づくりを実現いただくため、 全国各地で年100回以上、家づくりセミナーの講師を担当しています。 住宅購入の際に必要となる性能や土地についての基礎知識から、 資金計画などの専門的なことまで、客観的かつ具体的に情報をお伝えいたします。
お金 土地 注文住宅
注文住宅の土地購入で成功するコツは?徳島市周...
【徳島南エリア】徳島市勝占町・大松町で家づく...
コラム/ブログ一覧へ戻る

日程が近いイベント

おすすめの事例

無料の"個別相談"をほぼ毎日開催
「お金はどれくらいかかるの?」「どんな土地を探せばいいの?」など、家づくりに関する気になることやお悩みは、まずは何でもお気軽にご相談ください!住宅のプロが丁寧にお応えいたします。

営業時間 営業時間:10:00~18:00/定休日:水・木曜日・お盆・年末年始