徳島市で建築家とつくる高性能な注文住宅
カタログを<br>請求する

カタログを
請求する

イベントの<br>予約をする

イベントの
予約をする

家づくりの<br>相談をする

家づくりの
相談をする

モデルハウス予約

モデルハウス予約

カタログを<br>請求する

カタログを
請求する

イベントの<br>予約をする

イベントの
予約をする

家づくりの<br>相談をする

家づくりの
相談をする

モデルハウス予約

モデルハウス予約

徳島市は太陽光発電システムの設置がおすすめ!太陽光発電の仕組みやメリット、デメリットを紹介

家づくりノウハウ
公開日:2024.01.06
最終更新日:2024.01.22
家づくりノウハウ
公開日:2024.01.06
最終更新日:2024.01.22

徳島市は太陽光発電システムの設置がおすすめ!太陽光発電の仕組みやメリット、デメリットを紹介

椅子のアクセントカラーが映える白と木目のダイニングキッチンと階段
マイホームを検討するときに、太陽光発電システムを設置するべきか悩む方は多いのではないでしょうか。この記事では、太陽光発電の仕組みや太陽光発電システムを設置するメリット、デメリットを紹介しています。徳島市は日照時間が長く太陽光発電と相性のいい地域なので、ぜひ参考にしてみてください。

目 次

太陽光発電とは

太陽光パネル
太陽光発電とは光が当たると電気が発生するシリコン半導体などの特性を活用して、太陽光を使って電気を作り出す発電方法です。近年太陽光発電システムの普及が進み、設置している住宅が増えています。

太陽光発電協会(JPEA)によると、設置容量1kWあたり年間約1,000kWhの発電量が期待できます。

参考元:太陽光発電協会『太陽光発電により、家庭で使用する電気を全部まかなえますか?』
参考元:経済産業省『太陽光発電』

太陽光発電システムの仕組みと設置費用の相場

エコ住宅のイメージ(イラスト)
太陽光発電システムを稼働させるには、主に下記の3つの機器が必要です。

ソーラーパネル

ソーラーパネルは、搭載されている半導体が太陽光に当たることで電気を作り出します。ここで作られた電気は直流なので、そのままでは家庭では使えません。
住宅用の場合、ソーラーパネルは屋根やカーポートに設置されることが多いです。

パワーコンディショナー

そこで、パワーコンディショナーを設置し、ソーラーパネルで発電された直流の電気を家庭で使用・売電できる「交流」に変換します。

分電盤

パワーコンディショナーで交流に変換された電気は分電盤で分電・調整して、家庭内で使用します。事前申請をすれば、生み出した電気を電力会社に売電することも可能です。

太陽光発電システムにかかる費用はソーラーパネルの枚数や各設備の機能により大きく異なりますが、3kWで約78.3万円、5kWで約130.5万円が目安となっています。

太陽光発電システムを設置するメリット

メリットとデメリットの比較(メリット)
ここでは、太陽光発電システムを設置するメリットをご紹介します。

光熱費を削減できる

太陽光発電システムを設置すると家庭内で使う電気を作り出せるため、光熱費の削減につながります。とくに、徳島市は年間日照時間が2,000時間を超えており、太陽エネルギーを有効活用しやすい地域です。周辺環境や日当たりによっては、効率よく電気を作り出すことができるでしょう。

また、「どれくらい発電できているか」「いくら節電できているか」確認する習慣がつくことで節電に対する意識も高まり、日常生活の中でも節電を心がけられるようになります。

>>徳島県徳島市での一戸建ての維持費はどのくらい?注文住宅に住んだ場合の光熱費や税金などを徹底解説

再生可能エネルギー発電促進賦課金の負担を抑えられる

現在、電気を使用する全ての世帯で毎月の電気代とあわせて再生可能エネルギー発電促進賦課金を負担しています。再生可能エネルギー発電促進賦課金とは、電力会社が再生可能エネルギーを買取するための費用を賄うための仕組みです。負担額は毎月の電気使用量に比例するため、電気を使えば使うほど再生可能エネルギー発電促進賦課金も高くなります。

太陽光システムを活用して家庭内で使用する電気量を減らせば、再生可能エネルギー発電促進賦課金も節約することができます。

参考元:経済産業省『固定価格買取制度とは』

売電収入を得られる

太陽光発電には、自家消費(家庭内で電気を使用する)できなかった余剰分を売電できる仕組みがあります。余剰電力は電線を通じて地域の電力会社が買い取りをします。

太陽光発電の平均的な自家消費率は30%程度となっており、残りの70%程度を売電に回すことが可能です。効率よく電気を作れる環境であれば売電できる量も増えて、経済的なメリットを得られるでしょう。

参考元:資源エネルギー庁『地域活用要件について』

災害対策ができる

自立運転モードに切り替えができる太陽光発電システムであれば、停電時に非常用の電力として使用できます。パワーコンディショナーや室内に設置されている自立運転用コンセントを使用すると、電化製品を稼働させることが可能です。

・災害時にスマートフォンの充電をする
・電子レンジやポットなど食事を作るために使う
・冷暖房に使用する

など様々な用途に使えるので、停電時の不便さを緩和できます。

また、太陽光発電システムとあわせて蓄電池を設置すると、昼間に作った電気を蓄電池に貯めて夜間や災害時に使用できる環境を整えられます。災害が多い日本で安心して暮らすためにも、太陽光発電システムが注目されています。

>>注文住宅に必要な耐震性能とは?耐震等級や徳島県徳島市・板野郡北島町の災害リスクを解説

断熱効果が期待できる

屋根は直射日光が当たる部分なので、室内への熱移動が起こりやすいです。「1階よりも2階が暑く感じる」「屋根裏部屋が暑い」と感じるのは、屋根から伝わる熱が影響している可能性があります。

屋根にソーラーパネルを設置すると屋根に直射日光が当たらないので、屋根部分の温度上昇を抑えられます。高断熱・高気密な住まいであれば太陽光パネルをあわせて設置することで、夏はより涼しく冬もより暖かい環境を維持しやすくなるでしょう。

>>断熱性能が低い家のリスクとは?徳島市周辺エリアで必要な住宅性能を解説

太陽光発電システムのデメリット

メリットとデメリットの比較(デメリット)
太陽光発電システムのデメリットとしては、下記のようなことが考えられます。

・天候や周辺環境に発電量が左右される
・導入時にコストがかかる
・メンテナンスや買い替え費用がかかる
・売電価格が変動する

とくに、太陽光発電システムはソーラーパネルに太陽光が当たらないと、電気を作り出せません。周辺環境によって日当たりが悪い場合や日照時間が短い、降水量が多い地域などでは十分な成果を出せない可能性があります。

また、太陽光発電システムは一度設置すれば永続的に使用できるものではありません。他の住宅設備と同様に定期的なメンテナンスや買い替えが必要になることを把握したうえで、検討することが大切です。

太陽光発電システムの導入に活用できる補助金

補助金を受け取るビジネスマン
徳島市での太陽光発電システムの導入費用の一部を支援してもらえる補助金には、下記のようなものがあります。一部補助金は2023年度分が終了していますが、来年度も継続する可能性があるのでチェックしてみてください。

・戸建住宅ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)化等支援事業
・徳島市住宅用太陽光発電システム・蓄エネルギー機器等導入支援事業

参考元:徳島市『令和5年度徳島市住宅用太陽光発電システム・蓄エネルギー機器等導入支援事業(受付終了)』

>>徳島市でZEH住宅を建てるには?メリット・デメリットや条件を詳しくご紹介!

徳島市は太陽光発電システムの設置に向いている地域

夏の空
徳島市は、徳島県の東部に位置する中核的都市です。瀬戸内式気候に属しており、夏季の真夏日が多く降水量が少ないところが特徴です。また、年間日照時間が2,000時間以上と都道 府県庁所在地の中で6位の年間日照時間で、太陽エネルギーを活用しやすい地域です。

山沿いで陰になりやすいエリアや太陽光を有効活用できない周辺環境のエリアを除いて、太陽光発電システムのメリットを活かした住まいづくりが検討できます。また、自然光が差し込む間取りや大きな窓を配置した間取りなども検討しやすく、自然の恵みを感じられる住まいづくりができるでしょう。

参考元:徳島市『自然的・社会的条件の概況』

>>徳島市の気候を分析!徳島市の気候を考慮した家づくりでは住宅性能が大事

徳島市での住まいづくりは株式会社ブリーズハウジングにお任せください

白一色の外壁にくり抜かれた木目がアクセントの外観
株式会社ブリーズハウジングは、デザインと性能のバランスがとれた注文住宅を提供しています。建築家がご家族の思いや土地の形状、周辺環境を踏まえてプラン設計をするので、太陽光を存分に活用した住まいを実現することも可能です。

株式会社ブリーズハウジングでは、住まいづくりに役立つ個別相談会などのイベントを随時実施していますので、お気軽にお問い合わせください。

>>徳島市で太陽光発電システムを設置した注文住宅が建てられる「R+house」
>>株式会社ブリーズハウジングで現在開催中の家づくりイベントはこちら
#徳島県徳島市#注文住宅 #新築 #土地 #R+house #エコな暮らし #太陽光発電 #蓄電池 #勉強会 #個別相談 #補助金 #家づくりの基礎知識 #工務店

おすすめのコラム
家づくりの豆知識をお伝えします。

家づくりノウハウ
2024.02.08

徳島県徳島市で人気の幼稚園・保育園10選!家づくりのポイントも紹介

家づくりノウハウ
2024.01.22

徳島市の土地探しで気をつけるコツは?人気の土地も紹介!【国府町・北島町編】

家づくりノウハウ
2024.01.22

注文住宅と建売住宅の違いは?徳島市で一戸建て購入の検討をする前にメリットとデメリットを把握しよう

家づくりノウハウ
2024.01.22

注文住宅における平屋の魅力とは?徳島県徳島市周辺の坪単価も調査

前へ
徳島県徳島市での一戸建ての維持費はどのくらい?注文住宅に住んだ場合の光熱費や税金などを徹底解説
徳島市の注文住宅には家庭用蓄電池を導入するべき?メリットやデメリット、費用相場を解説
次へ
徳島県徳島市での一戸建ての維持費はどのくらい?注文住宅に住んだ場合の光熱費や税金などを徹底解説
徳島市の注文住宅には家庭用蓄電池を導入するべき?メリットやデメリット、費用相場を解説

おすすめの施工事例
注文住宅で建てる理想のマイホームをご紹介

お客様の声
いただいたお客様の声をご紹介します。

強みをご紹介
私たちの家づくりの強みをご紹介します。

アフターサポート

安心のサポート

R+houseは建設中・建てた後のサポートも充実しています。
あなたの大切なおうちを守るため、R+houseは長期にわたってサポートを続けます!
長期優良住宅(ZEH)の性能をゆうに超える高性能住宅

高断熱・高気密の高性能住宅

家づくりを考えたとき、家を建てるために必要なイニシャルコストは気にするものの、ランニングコストについては意識していない方が多くいらっしゃいます。家づくりにおけるランニングコストにはさまざまなものがありますが、代表的なものが冷暖房にかかるコストです。理想の注文住宅を建てたものの、夏は暑く冬は寒いため、冷暖房のための電気代が高くついてしまうという話は珍しくありません。
こうした問題を解消するのが、高気密・高断熱の家です。気密性・断熱性を高めることで、冷暖房の効率が上がって年間のコストが下がるほか、住まいの耐久性を高めて寿命を延ばすというメリットもあります。さらに、屋内の温度変化を減らすことで、ヒートショック現象などのリスクを抑え、家族の健康にもつながるのです。
R+house徳島北がご提供しているのは、「長期優良住宅(ZEH相当の水準)」をはるかに上回るほどの高気密・高断熱で家族を守る住まいです。
HSS金物

高耐震な注文住宅

R+house徳島北は、許容応力度計算による耐震等級3を標準とするだけでなく、構造に使う金物や耐力面材にもこだわりを持っています。
なぜなら、南海トラフ地震の不安が払拭できない地域だからです。この不安が払拭できないまま、一生に一度の家づくりをしてはいけないと、私たちは考えています。

商品
私たちの商品をご紹介します。

おすすめのイベント
私たちが開催する家づくりのイベントをご紹介します。

Instagramで投稿している写真をご紹介します。

お問い合わせ
些細なことでもお気軽にご相談ください

株式会社ブリーズハウジング/R+house徳島北
住所
徳島県徳島市北矢三町3丁目2-84
営業時間
10:00~18:00
休業日
水曜、木曜、お盆、年末年始