徳島市で建築家とつくる高性能な注文住宅
カタログを請求する

カタログを
請求する

イベントの予約をする

イベントの
予約をする

家づくりの相談をする

家づくりの
相談をする

モデルハウス予約

モデルハウス予約

カタログを請求する

カタログを
請求する

イベントの予約をする

イベントの
予約をする

家づくりの相談をする

家づくりの
相談をする

モデルハウス予約

モデルハウス予約

効果的な換気には気密性が重要!その理由と徳島県で建てる注文住宅で気密性を高める3つのポイントとは

家づくりノウハウ
公開日:2023.07.01
最終更新日:2024.01.22
R+house徳島北(ブリーズハウジング)の家づくり写真
R+house徳島北(ブリーズハウジング)の家づくり写真
家づくりノウハウ
公開日:2023.07.01
最終更新日:2024.01.22

効果的な換気には気密性が重要!その理由と徳島県で建てる注文住宅で気密性を高める3つのポイントとは

ポイント
この記事では、気密性と換気の関係性や気密性を高めるポイントをご紹介します。後半では、徳島県徳島市や板野郡北島町のZEH地域区分や気候もまとめています。

長く快適に暮らすには気密性は欠かせません。納得のいく一戸建てマイホームを実現するために、ぜひ参考にしてください。

目 次

なぜ気密性が必要なのか?

住宅における気密性とは、家の密閉度のことです。気密性が低い家は隙間が多く外気が入り込むため、夏は暑く冬は寒い家になってしまいます。

一方で、気密性の高い家は隙間が少ないため、室内の温度を一定に保ちやすくなります。冷暖房の効果も最大限に高められるので、省エネルギーで快適な環境を維持できます。

>>気密性能と室温の関係とは?併せてこちらもチェック!

気密性は均一な換気のためにも欠かせない

また気密性は、実は均一な換気のためにも欠かせない性能です。気密性が低く室内の空気の動きが乱れていると、換気しやすい場所と換気しにくい場所が生まれ、なかなか均一な換気ができません。換気しにくい場所には臭いや不純物が溜まりやすくなってしまいます。

気密性が高いと空気の流れを一定にすることができ、効率よく換気ができます。家の隙間から汚れた空気が不規則に入り込むこともないので、快適な空調を維持しやすくなるでしょう。

換気の重要性

日差したっぷり吹き抜けリビング
注文住宅で快適に暮らすには、換気も重要です。換気には、主に下記のような効果があります。

・室内に溜まった食べ物などの臭いを排出できる
・二酸化炭素やダニなどの有害物質を排出できる
・気分をリフレッシュできる
・室内に溜まった水蒸気を排出し、結露やカビの発生を抑制できる

均一な換気ができると、臭いや有害物質を効率よく排出できます。また、新鮮な空気を取り入れると気分のリフレッシュにもなるでしょう。見落としがちなポイントではありますが、快適に暮らすためには換気のしやすさが欠かせません。

気密性能C値とは

住宅の疑問
気密性は、C値で示すことができます。C値とは、住宅にある隙間の総量を示す数値です。C値は、住宅全体の隙間の面積÷延べ床面積で算出できます。C値が小さいほど隙間がなく、気密性が高い家だと言えます。

日本の目標は5.0(平方センチメートル/平方メートル)ですが、株式会社ブリーズハウジングの標準値は0.5以下に設定しています。

気密性を高める部材

住宅建設現場
住宅の気密性を高めるには、構造や部材が重要です。気密性を高める部材としては、下記のようなものがあります。

気密シート

壁の室内側に貼るシート。壁の内側で気密性を高めることで、壁内部の結露防止にもつながる。

気密テープや気密パッキン

断熱材の隙間や開口部の隙間を埋めるときに使用するテープ。

例えば、窓やドアなどの開口部は余裕を持って設計していることがあります。窓やドアの設置後はゆとりがある分、しっかりと気密処理をしないと隙間が生じます。また、配管部分も隙間が生じやすいです。隙間ができた場合に気密テープや気密パッキンを使い、処理をしているかがポイントです。

壁は隙間ができた部分に気密性を高める部材を使い、適正な処理を行っているかどうかが、気密性を左右します。

気密性を高める窓の選び方

新築の上げ下げ窓
窓や扉は住宅の開口部となるため、気密性に大きく関わります。間取りを決めるときに、3つのポイントに気をつけるだけでも気密性を高められます。

ポイント1:窓を不必要に増やさない

1つ目は、不必要に窓を増やさないことです。窓を増やすと開閉する隙間ができるため、どうしても気密性が下がります。気密性を重視したい場合は日差しが差し込む方向や太陽の位置を考慮し、必要な窓を厳選するといいでしょう。また、サッシの性能によって気密性を高めることも可能です。

ポイント2:引き違い窓などを減らす

2つ目は、引き違い窓や引き下げ窓を減らすことです。この2種類の窓は縦や横にスライドさせるため、隙間が生まれます。引き違い窓や引き下げ窓が多いと隙間が増える原因となるので、できるだけ減らしたいところです。これらの窓の代わりとしては、縦すべり窓や滑り出し窓、FIX窓が検討できます。

ポイント3:勝手口ドアを避ける

3つ目は、勝手口ドアを採用しないことです。このドアは閉めたままガラス部分を上下させて換気ができる点が特徴ですが、ガラス部分は隙間が多くなります。気密性を低下させる原因となるので、気密性を重視する場合は避けた方が良いでしょう。

施工力によっても気密性が変わる

住宅と建築用金具
住宅の気密性を高めるには、施工職人の技術力と精度が求められます。どれだけいい部材や気密性のある建材を使用しても、部材同士の結合がずれていると隙間が多く生まれます。また、施工が雑で気密性を気にしていない場合も、住宅の気密性が低下してしまうでしょう。

例えば、コンセントやスイッチを配置するときは、断熱層が遮断されないよう配慮して施工しなければなりません。断熱材が切断されたままになっていると、隙間が生まれ気密性が低下します。

施工力を見極めることは難しいですが、契約前に施工現場の様子や施工力を確認して安心して任せられるか見極めることが大切です。

気密測定を実施して気密性能を確認する

注文住宅の気密性能は、気密測定をすれば事前に確認できます。気密測定とは、専用の機器を用いて住宅の気密性能を算出することです。先ほどご紹介したC値で算出できます。

気密測定には、完成気密測定と中間気密測定の2種類があります。中間気密測定を実施していれば建設中の気密性能が分かり、手直しを行うことが可能です。株式会社ブリーズハウジングでは全棟気密測定を実施しており、高気密であることを確認しています。

>>高気密・高断熱住宅を建てる目的とメリットとは?

徳島県徳島市と板野郡北島町のUA値の基準や気候

徳島県板野町あせび公園展望台から徳島市街を望む
徳島県徳島市は、徳島県の東部に位置する中核都市です。板野郡北島町は徳島市に隣接するまちで、どちらも気候に差がありません。

徳島市の平均気温は16.6度で、日本全国の平均気温よりも約1度高いです。降水量や風量は少ないものの酷暑、暖冬化の傾向があるので、住まいづくりでは暑さ対策が重要となるでしょう。

また、徳島市は年間日照時間が2,000時間を上回っており、日照時間の長い地域でもあります。日差しが差し込む明るいリビングや太陽光発電の活用など、日照時間の長さを有効活用した注文住宅も検討できるでしょう。徳島市のZEHの地域区分は6で、ZEH、HEAT20基準のUA値は下記のとおりです。
表 地域区分6のZEH基準、HEAT20基準のUA値
株式会社ブリーズハウジングではUA値0.5以下を標準搭載しており、ZEHやHEAT20を上回る未来基準の設計を行っています。

>>徳島市周辺の気候に適した住宅性能とは?詳しくはこちら!

株式会社ブリーズハウジングなら徳島市や板野郡北島町で高気密な注文住宅が実現できます

観葉植物がある近代的なカットが印象的な大きな窓の家
株式会社ブリーズハウジングは、断熱・気密・耐震性能に的確な数値を担保した注文住宅を提供しています。高気密高断熱な住宅であるのはもちろんのこと、計画換気ができるシステムや設計を導入しています。

>>断熱・気密・計画換気で理想の住まいに「高断熱・高気密」の秘密とは

適切な温度を維持しながら均一な換気ができる、理想の住み心地を実現します。株式会社ブリーズハウジングでは随時個別相談やイベントを実施しています。徳島市や板野郡北島町での高性能な注文住宅を検討している場合は、ぜひお気軽にお問い合わせください。
#徳島県徳島市 #徳島県板野郡北島町#省エネ住宅 #注文住宅 #新築 #高気密 #高断熱 #ZEH #家づくりの基礎知識 #性能 #耐震

おすすめのコラム
家づくりの豆知識をお伝えします。

R+house徳島北(ブリーズハウジング)の家づくり写真
お金
2024.04.06

徳島市周辺エリアで注文住宅の予算を抑えたい!コストダウンできるコツをご紹介

R+house徳島北(ブリーズハウジング)の家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.03.25

木造住宅のシロアリ対策は重要!徳島県徳島市で家を建てるときの防蟻対策

R+house徳島北(ブリーズハウジング)の家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.03.18

安全に暮らせる構造設計を確認する3つの方法を比較!徳島市・板野郡北島町の災害リスクと併せて解説

R+house徳島北(ブリーズハウジング)の家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.03.18

徳島市での土地の購入から登記までの流れを解説!土地情報もチェック

前へ
断熱性能が低い家のリスクとは?徳島市周辺エリアで必要な住宅性能を解説
徳島県で建てる注文住宅の断熱性能を高める方法は?内断熱と外断熱の違い・主な断熱工法を紹介
次へ
断熱性能が低い家のリスクとは?徳島市周辺エリアで必要な住宅性能を解説
徳島県で建てる注文住宅の断熱性能を高める方法は?内断熱と外断熱の違い・主な断熱工法を紹介

おすすめの施工事例
注文住宅で建てる理想のマイホームをご紹介

お客様の声
いただいたお客様の声をご紹介します。

強みをご紹介
私たちの家づくりの強みをご紹介します。

高性能住宅でより充実した住宅計画に

補助金と資金計画で お得な家づくり

新築住宅において、住宅ローン減税や補助金等はいろいろな種類があります。各制度をうまく利用することでより充実した住宅計画にすることができる場合もあります。
また、FP診断を通して住宅ローン減税で13年間の間にいくら減税をうけることができるのか等の計算も簡単に行うことができます。
長期優良住宅(ZEH)の性能をゆうに超える高性能住宅

高断熱・高気密の高性能住宅

家づくりを考えたとき、家を建てるために必要なイニシャルコストは気にするものの、ランニングコストについては意識していない方が多くいらっしゃいます。家づくりにおけるランニングコストにはさまざまなものがありますが、代表的なものが冷暖房にかかるコストです。理想の注文住宅を建てたものの、夏は暑く冬は寒いため、冷暖房のための電気代が高くついてしまうという話は珍しくありません。
こうした問題を解消するのが、高気密・高断熱の家です。気密性・断熱性を高めることで、冷暖房の効率が上がって年間のコストが下がるほか、住まいの耐久性を高めて寿命を延ばすというメリットもあります。さらに、屋内の温度変化を減らすことで、ヒートショック現象などのリスクを抑え、家族の健康にもつながるのです。
R+house徳島北がご提供しているのは、「長期優良住宅(ZEH相当の水準)」をはるかに上回るほどの高気密・高断熱で家族を守る住まいです。
アフターサポート

安心のサポート

R+houseは建設中・建てた後のサポートも充実しています。
あなたの大切なおうちを守るため、R+houseは長期にわたってサポートを続けます!

商品
私たちの商品をご紹介します。

おすすめのイベント
私たちが開催する家づくりのイベントをご紹介します。

R+house徳島北(ブリーズハウジング)の家づくり写真
Instagramで投稿している写真をご紹介します。

R+house徳島北(ブリーズハウジング)の家づくり写真

お問い合わせ
些細なことでもお気軽にご相談ください

株式会社ブリーズハウジング/R+house徳島北
住所
徳島県徳島市北矢三町3丁目2-84
営業時間
10:00~18:00
休業日
水曜、木曜、お盆、年末年始